コンチネンタル・バスケットボール・アソシエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンチネンタル・バスケットボール・アソシエーションContinental Basketball Association)は、アメリカ合衆国及びカナダで展開されている男子バスケットボール独立リーグ(セミプロリーグ)。略称CBA。尚、2006年現在、カナダにチームは存在しないが、2007年シーズンより新規参入予定である。

歴史[編集]

NBAより半年早い1946年4月23日に創設された。創設から2年間はEastern Pennsylvania Basketball Leagueという名称だったが、1948年Eastern Professional Basketball League(以下、共にEPBL)に変更された。CBAに変更されたのは、それから30年後の1978年のことである。

1961年に短命なリーグだったABL(American Basketball League)がプロとして初めて3ポイントライン(シュート)を導入したが、CBAも3年後の1964年に導入させ、3ポイントの名手が誕生するなどした。余談だが、NBAが3ポイントラインを導入したのは1979年のことである。

1980年代初期はNBAと協定を結んだ。これはNBAがCBAの選手と10日間契約を結べることができるというものである。10日間が過ぎると更に第2の10日間契約を結ぶことができ、その期間を過ぎると次は選手をCBAに戻すかシーズン後まで契約を結ばなければならなかった。このように、かつてはNBA公認の選手育成リーグだった。現在はこのような協定は結んでいない(NBAに10日間契約自体は残っている)。

1999年、元NBA選手のアイザイア・トーマス率いる投資グループがCBAを購入。トーマスは2000年までオーナーの座に就いていた。しかしCBAは経営悪化が響き、2001年に破産を宣言して、一時、事実上の解散になってしまった。当時の加盟チームはIBL(International Basketball League)への参加を余儀なくされた。

しかしながら2001年の秋にCBAとIBLへの参加チームがIBA(International Basketball Association)と手を組み、破産裁判所United States bankruptcy court)から消滅していた資産(CBAの名称、ロゴ、通算記録など)を購入。それ自体をCBAと呼ぶことで、晴れて活動が再開されることになった。

NBAとの関係[編集]

創設当初はNBAとの関係は良好とはいえず、NBAがEPBL選手の受け入れを一切拒否した時期もあった。しかし1950年代にはNBAのボストン・セルティックスが、EPBLのウィルクスバリ・バロンズのホームコートでエキシビジョンゲームを開催するなどしている。他にも何試合かNBAとEPBLの対抗戦が開催された。

1967年ABA(現在のABAとは無関係)が設立されると、EPBLのオールスター選手の多くがABAに移籍した。ラバーン・タート、ウィリー・サマセット、アート・ヘイマンウィルト・ヘイマンがこれに該当する。NBAも同様、有能な選手をABAに放出させられる羽目に陥った。EPBLはその影響か、1972年には6チーム、1975年には4チームまで減ってしまった(設立以降の最大チーム数は10)。ABAはNBAに吸収される形で1976年に消滅したが、その際、消滅したチームからEPBLに選手が流れてきた為、またチーム数は増える結果になった。

1979年、NBAは新しく名称を変更したCBAから4人の選手と契約。しかしCBAはNBAから補償がなかったとし訴訟を起こす事態に発展。結局、いつでもCBA選手と契約できる権利と引き換えに、NBAはCBAに115,000ドルを支払った。その上、NBAはCBAのゲームにNBAの審判を派遣し、育成をすることを助ける代わりに80,000ドルも支払った。

1982年、新規参入したデトロイト・スピリッツの存在が、再びCBAとNBAの関係を緊張させた。これはこれまで互いに、同じ都市にフランチャイズを保有しなかったからである(デトロイトにはNBAのデトロイト・ピストンズがある)。NBAは不法だと訴え、一時期、CBA選手との契約を一切行わなかった。両リーグは多くの交渉の後、「歴史」で前述の通り、10日間契約の協定を結ぶことになった。

その後の1980年代と1990年代は良好な関係に回復。特にCBAには優秀なヘッドコーチが誕生し、後にNBAでも名を残すことになった。フィル・ジャクソンビル・マッセルマンエリック・マッセルマンフリップ・ソーンダーズジョージ・カールがそれに当たる。

2002年、NBAは傘下のマイナーリーグ「NBAデベロップメント・リーグ(NBADL)」を発足した。2006年、CBAの4チームが、NBADLに移籍。残る2チームに新しいフランチャイズとして8チームを新規参入させ、2006-07の新シーズンに挑むことになった。

ルール[編集]

  • 大部分はNBAと同様のルールが採用されている。
  • 2005年より勝ち点制度が採用されており、レギュラーシーズン後、上位チームがプレイオフに進出する。勝ち点は1試合で最大7ポイント稼ぐことが可能である(勝利で3ポイント、各クオーターのスコア勝敗で1ポイント)

現在のチーム[編集]

アメリカン・カンファレンス

ナショナル・カンファレンス

活動休止中/新規参入予定チーム[編集]

リーグから撤退したチーム[編集]

撤退・消滅チームを含む完全チームリストはw:Continental Basketball Association franchise historyを参照。

外部リンク[編集]