ルディ・トムジャノビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2009年

ルディ・トムジャノビッチ(Rudy Tomjanovich, Jr.、1948年11月24日 - )は、元NBAのバスケットボール選手で引退後は指導者となる。 ニックネームはRudy Tアメリカ合衆国ミシガン州ハムトランク生まれ。身長203センチ、体重99キロ。ポジションはパワーフォワード。ヘッドコーチとして1994年、1995年にヒューストン・ロケッツを優勝に導く。

キャリア[編集]

1970年のNBAドラフト2位でサンディエゴ・ロケッツに指名される。71年ヒューストンで迎えた最初の試合で28得点17リバウンドを記録。以後ロケッツのスター選手になる。平均17.4得点、通算得点13383得点、平均8.1リバウンド、通算6198リバウンド。FG成功率.501、オールスターゲームには1974-1977年、1979年出場。プロ生活1970-1981年。背番号45はロケッツで永久欠番となる。

コーチ時代[編集]

ロケッツでスカウトを2年、アシスタントを9年経験してロケッツの1991-92シーズン中、残り30試合でドン・チェイニーの後を受けてヘッドコーチに就任した。就任後、アキーム・オラジュワンのトレードを思い留めて、インサイドはオラジュワンに、アウトサイドは3ポイントシューターに徹底させる戦術で1994、1995年にロケッツはNBAファイナル2連覇を経験した。チーム史上、初の優勝経験だった。ロケッツのヘッドコーチは1992-2003年まで勤めて、503勝397敗。勝率.559を記録。プレイオフでは、51勝39敗、勝率.567だった。1998年バスケットボール世界選手権代表チームのヘッドコーチに就任する。ロックアウトでNBA選手が参加せずCBAの選手を中心に銅メダルを獲得。2004-05年にはロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチを勤めるが41試合後に健康状態の問題のため辞任した。コンサルタントとしてレイカーズに留まる。

外部リンク[編集]