ジェフ・ヴァン・ガンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・ヴァン・ガンディ
Jeff Van Gundy
Jeff Van Gundy.jpg
名前
本名 Jeff Van Gundy
愛称 JVG
ラテン文字 Jeff Van Gundy
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1962年1月19日(52歳)
出身地 カリフォルニア州
監督歴
1996-2001
2003-2007
ニューヨーク・ニックス
ヒューストン・ロケッツ

ジェフ・ヴァン・ガンディJeff Van Gundy1962年1月19日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ヘメット出身のバスケットボール指導者。NBAヒューストン・ロケッツの前監督。ディフェンスを重視する指導スタイルで知られる。オーランド・マジックスタン・ヴァン・ガンディ監督は実兄。

経歴[編集]

ビル・ヴァン・ガンディも大学でバスケットボールの指導者をしており、文字通りコーチの家系に育つ。ヴァン・ガンディのコーチとしてのキャリアはニューヨーク州ロチェスターマクウェイド・ジェスート高校で始まった。その後プロヴィデンス大学リック・ピティーノのアシスタント・コーチを務め、チームをNCAAトーナメントのFinal4に進出させる手助けをした。翌年はチームのヘッドコーチがゴードン・チエサに代わったがヴァン・ガンディはアシスタント・コーチを続けた。さらに翌年はラトガース大学に招聘されボブ・ウェンゼルのアシスタント・コーチを務めた。

1989年7月28日NBAニューヨーク・ニックスのアシスタント・コーチに招かれ、その後、6年半に渡ってストゥ・ジャクソンジョン・マクレオドパット・ライリードン・ネルソンらを補佐した。その間、ニックスがアトランティック・ディヴィジョンの3位以下に落ちたことは一度もなく、3度のディヴィジョン優勝を成し遂げ、毎年のようにプレイオフに出場する中でヴァン・ガンディはNBAのコーチとしての経験を積んでいった。1993年と1994年はイースタン・カンファレンスを制し、NBAファイナルに駒を進めたが、2年連続でヒューストン・ロケッツに敗れた。

1996年3月8日から2001年12月8日にかけてはニューヨーク・ニックスのヘッドコーチを務め、チームを毎年プレイオフに導いた。特にロックアウトで短縮された1999年は27勝23敗とイースタン・カンファレンス8位の成績で終え、辛うじてプレイオフ進出を果たしたような状態であったが、プレイオフ第1ラウンドでカンファレンス1位通過の強豪にしてパット・ライリーが率いる宿敵マイアミ・ヒートを破ると、勢いに乗って快進撃を続け、第8シードからNBAファイナルまで進んだ史上初のチームとなった。NBAファイナルではティム・ダンカンを擁するサンアントニオ・スパーズの前に敗れた。

2001年12月8日、チームの成績不振の責任を取る形でヘッドコーチを辞職。暫く指導者としての地位から遠ざかるが、2003年にヒューストン・ロケッツと契約。チームの再建を託されたが、プレイオフ第1ラウンドを突破することが出来ず、2007年5月18日ユタ・ジャズとの第7戦で敗退すると解雇された。

以降は、指導者職に復帰せずESPNの解説者を務めている。