サム・キャセール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サム・キャセール
Sam Cassell
ロサンゼルス・クリッパーズ AC
CassellShootaroundBig.jpg
名前
本名 Samuel James Cassell
ラテン文字 Sam Cassell
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1969年11月18日(44歳)
出身地 ボルティモア
身長 191cm
体重 88kg
経歴
1993-1996
1996
1996-1997
1997-1999
1999-2003
2003-2005
2005-2008
2008-2009
ヒューストン・ロケッツ
フェニックス・サンズ
ダラス・マーベリックス
ニュージャージー・ネッツ
ミルウォーキー・バックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
ボストン・セルティックス

サム・キャセールSam Cassell, 本名Samuel James Cassell, 1969年11月18日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア出身の元バスケットボール選手。NBAヒューストン・ロケッツボストン・セルティックスなどに所属していた。身長191cm、体重88kg。ヒューストン・ロケッツで2度、ボストン・セルティックスで1度NBAファイナル優勝を経験している。

経歴[編集]

1993年のNBAドラフトで全体24番目でヒューストン・ロケッツから指名されて入団した。ルーキーシーズンはポイントガードのケニー・スミスの控えだったが、ニューヨーク・ニックスとのNBAファイナルでは接戦となったシリーズの要所で3ポイントシュートを成功させるなど、ロケッツのNBAファイナル制覇に貢献して入団1年目でチャンピオンリングを手に入れた。続く94-95シーズンのロケッツ2連覇にも貢献した。ロケッツでの3年間、キャセールは貴重な控えのガードとしてプレーし、チームの勝利に貢献した。またフリースロー成功率も高かった。

95-96シーズン終了後、チャールズ・バークレーとのトレードでロバート・オーリーらと共にフェニックス・サンズに移籍した。

96-97シーズンにはサンズ、ダラス・マーベリックスニュージャージー・ネッツと3チームを渡り歩いた。マーベリックスとのトレードはジェイソン・キッドマイケル・フィンリーなども絡んだものとなった。マーベリックスでは16試合に出場したところでジム・ジャクソンらと共にネッツのショーン・ブラッドリーらとのトレードされている。

移籍した翌97-98シーズン、先発ポイントガードとなり、前年よりネッツの成績を大幅に向上させてプレーオフに導き周囲を驚かせた。98-99シーズン、キャセールは怪我によりシーズンの大半を欠場。その間にミルウォーキー・バックスへ移籍した。

99-00シーズン、怪我から復帰したキャセールは、バックスで素質を発揮。00-01シーズンにはグレン・ロビンソンレイ・アレンらと共に、イースタンカンファレンスファイナルに進出したが、キャセール自身は腰の負傷で途中リタイア。チームはアレン・アイバーソン率いるフィラデルフィア・セブンティシクサーズの前に敗れてNBAファイナル出場はならなかった。

02-03シーズン終了後、トレードによりミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍した。03-04シーズンケビン・ガーネットや、ラトレル・スプリーウェルと共にレギュラーシーズンであげてウェスタンカンファレンス第1シードとなり、カンファレスファイナルまで進出した。しかし、黄金のカルテットシャキール・オニールコービー・ブライアントら)といわれたロサンゼルス・レイカーズに敗れ、優勝の夢は絶たれた。このシーズンには初のオールスター出場を果たした。

04-05シーズン開幕当初、メンバーがほとんど変わらずにシーズンを迎えたウルブズは、オニールがレイカーズを去ったこともあり、ウエスト優勝の筆頭だった。しかし契約金の問題で、キャセールとスプリーウェルの不満が、チームのケミストリーを崩壊。キャセールが休む事で逆に存在の大きさを知らせる事になってしまった。チームはプレーオフ出場を逃す予想外の不振に終わった。

シーズン終了後、ロサンゼルス・クリッパーズへ移籍した。エルトン・ブランドコーリー・マゲッティーサクラメント・キングスから移籍したカティーノ・モブリーらと共に弱小球団のクリッパーズに加入して、2005-06シーズン、ウエスタンカンファレンス6位でプレイオフにチームを導いた。プレイオフ1回戦でデンバー・ナゲッツを4-1で破り、カンファレンスセミファイナルでフェニックス・サンズと第7戦までもつれるゲームを展開、惜しくも3-4でシーズンを終えた。更なる飛躍が期待された2006-07シーズンは、チームは不振に終わり、2年連続のプレイオフ進出はならなかった。

2008年3月に、キャセールはチームからウェーバー方式で放出され、かねてから希望していたボストン・セルティックス入りを果たした。セルティックスでは、若きポイントガードのレイジョン・ロンドの指南役としてベンチからチームを支えた。チームはファイナルに進出。キャセールはジェームズ・ポージーと共に貴重な優勝経験者として、出場時間は少なかったもののベテランらしい活躍で優勝に貢献し、自身3度目の優勝を果たした。

2008-09シーズンはほとんど出番がなく、シーズン中盤にトレードでサクラメント・キングスに移籍。しかし、すぐにウェイバー方式で放出され、現役を引退した。シーズン終了後、ワシントン・ウィザーズのアシスタントコーチに就任。指導者の道を歩み出した。

プレイスタイル[編集]

キャセールの武器のひとつとなっているのは高い得点能力。キャリア平均16点越えはポイントガードの中では高い水準にある。得点パターンも豊富で、アウトサイドシュートからポストプレーまでそつなくこなす。また、フリースローはキャリア通算85.9%という高確率を誇り、マッチアップする者にとってはキャセールへのファウルは即失点へと繋がってしまうが、相手のファウルを誘う技術は一級品である。キャリア晩年、リーグで大ベテランの域に達していても、若手を翻弄する老獪なテクニックを駆使して第一線で活躍していた。

外部リンク[編集]