レイジョン・ロンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイジョン・ロンド
Rajon Rondo
ボストン・セルティックス  No.9
Rajon Rondo.jpg
名前
本名 Rajon Pierre Rondo
ラテン文字 Rajon Rondo
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1986年2月22日(28歳)
出身地 ケンタッキー州
身長 185cm
体重 84kg
足のサイズ 31.0cm
選手情報
ポジション PG
背番号 9
ドラフト 2006年 21位 
経歴
2006- ボストン・セルティックス

レイジョン・ピエール・ロンドRajon Pierre Rondo,ケンタッキー州ルイビル出身,1986年2月22日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。

経歴[編集]

学生時代[編集]

高校はルイビルのイースタン高校とオークヒルアカデミー高校でプレイ。マクドナルド選出のオールアメリカンチームなどに選ばれ、マイケル・ジョーダンが主催するJordan Capital Classic gameにも参加した。また1試合に31アシストという驚異的な数字も残している。

大学はケンタッキー大学に進学。2年目の2005-06シーズンにはサウスイースタン・カンファレンスのセカンドチームに選ばれ、またアメリカ代表としてU-21世界選手権に出場した。

NBA時代[編集]

2006年のNBAドラフトにアーリーエントリーしたロンドはフェニックス・サンズから1巡目21位指名を受けるが、その後ボストン・セルティックスにトレードされた。ルーキーシーズンの2006-07シーズンセバスチャン・テルフェアデロンテ・ウェストに次ぐ実質3番手ポイントガードとしてシーズンインしたが、テルフェアの不調もあってシーズン中盤から出場時間が増え、18連敗の泥沼状態に喘いでいたチームを支えた。6.4得点3.8アシスト1.6スティールのアベレージを残してオールルーキーセカンドチームに選出された。このオフにセルティックスは2つの重要なトレード行い、レイ・アレンケビン・ガーネットの獲得のため、テルフィアとウェストが相次いでチームを離れ、セルティックスには純粋なポイントガードがロンドのみとなった。

2007-08シーズン開幕前はポイントガードであるロンドがチームの弱点であると評価する声もあったがシーズン開幕後、ポール・ピアース、ガーネット、アレンらビッグスリーとともにチームの快進撃を支え、多くのスタッツでキャリアハイの成績を残した。プレーオフでもアトランタ・ホークスマイク・ビビーや、デトロイト・ピストンズチャウンシー・ビラップスといったベテランPG相手に堂々と渡り合い度胸のよさを見せた。NBAファイナルでは足を負傷し出場時間が減少したが第6戦では21得点、7リバウンド、8アシスト、6スティールというパフォーマンスを披露し、キャリア2年目にしてチャンピオンリングを獲得した。

2008-09シーズントリプル・ダブルを2回達成し、平均11.9得点、5.2リバウンド、8.2アシスト、1.9スティールを記録し、オールディフェンシブ2ndチームに選ばれ大きく成長したシーズンとなった。連覇をかけたプレーオフではトリプルダブルを3回達成し平均16.9得点、9.7リバウンド、9.8アシスト、2.5スティールとトリプルダブルに近い驚異的な成績を残しチームを引っ張ったが、チームはガーネット、レオン・ポウを欠いており1回戦のブルズとの長期戦の疲れもありカンファレンスセミファイナルで敗退した。

2009-10シーズン、ロンドは躍進を続け、初めてオールスターゲームにリザーブとして選出された。チームの成績はシーズンを50勝32敗でイースト4位とここ3年では最低の成績であったものの、ロンドは平均2.3スティールで初のスティール王に輝き、アシストもリーグ4位の成績であった(平均9.8アシスト)。また、総アシスト数794と総スティール数189はボストン・セルティックスのチーム最多記録となった。

2012-13シーズンは自己最多の1試合平均13.7得点、11.1アシスト、5.6リバウンドをマークし、アシストランキングはリーグトップだった。しかし2013年1月25日のアトランタ・ホークス戦で右膝の前十字靭帯断裂の怪我を負ったため、シーズンの残り全試合を欠場することになった。[1]

プレースタイル[編集]

高い運動能力を備えたスラッシャータイプのポイントガード。

ポイントガードながらインサイドプレイヤーと張り合ってリバウンドを獲得し、トリプルダブルを記録する。豊富な跳躍力でダンクシュートを叩き込み、ティップインも決める。

セルティックスのビッグ3形成の際は、これまでチームの正PGではなかった彼が不安要素に数えられたが、現在はリーグ屈指のパサーであり、チームに無くてはならない存在となった。リーダーシップが強く勝気な性格で、デビュー2年目にスターターに定着するや早くも、ビッグ3にもひるまず大声で怒鳴り散らしながら指示を出していたとポール・ピアースは語っている。歯に衣着せぬ物言いも、有言実行で周囲を黙らせるだけの凄みが彼にはあるという。その反面オフコートでは寡黙で飄々としているとのこと。

もともとディフェンス面に定評のある選手で、長いウイングスパンも利用し[2]1試合平均2スティール以上を稼ぎ1996-97シーズンリック・フォックスが作ったセルティックスのスティール記録を2009-10シーズンに更新した[3]

だがジャンプショットや[4]フリースローに不安があり、改善が求められている[5][6]

その他[編集]

  • 身長185cmに対してウィングスパンは206cm。手の平のサイズは、なんとレブロン・ジェームズよりも大きい。そんな彼のカレッジ時代のニックネームは"E.T."であった。
  • 日本では一般的に「レイジョン」と表記されることが多く、またアメリカでも同様に呼ばれることがあるが、本人は自らのファーストネームを「ラジョン」であるとしている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.nba.co.jp/news/detail.html?vid=545
  2. ^ Playoff Retrospective: Rajon Rondo”. draftexpress.com (2009年5月31日). 2011年5月8日閲覧。
  3. ^ Rondo among Celtics' elite”. ESPN (2010年3月27日). 2011年5月8日閲覧。
  4. ^ Preseason Recap: Examining Rondo’s Jump Shot (Video)”. celticshub.com (2010年10月22日). 2011年5月8日閲覧。
  5. ^ Rondo’s Free-Throw Struggles Hurt Celtics”. ウォールストリートジャーナル (2010年6月10日). 2011年5月8日閲覧。
  6. ^ Hack-A-Rondo”. basketball.realgm.com (2011年2月3日). 2011年5月8日閲覧。
  7. ^ Postgame: Rajon Rondo”. NBA.com (2010年6月14日). 2012年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]