ケンドリック・パーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンドリック・パーキンス
Kendrick Perkins
オクラホマシティ・サンダー  No.5
Perk Media Day.png
名前
ラテン文字 Kendrick Perkins
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1984年11月10日(29歳)
出身地 テキサス州ネーダーランド
身長 208cm
体重 127kg
選手情報
ポジション センター
背番号 5
経歴
2003-2011
2011-
ボストン・セルティックス
オクラホマシティ・サンダー

ケンドリック・パーキンスKendrick Perkins , 1984年11月10日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ネーダーランド出身のバスケットボール選手。現在はNBAオクラホマシティ・サンダーに所属している。身長208cm。体重120kg。ポジションはセンター。背番号5。

経歴[編集]

テキサス州ボーモントにある高校に進学、在学中に高校を郡のチャンピオン、州のチャンピオンに導いた。最終学年時には1試合平均27.5得点、16.4リバウンド、7.8ブロックをマーク、チームは33勝1敗だった。彼はファンやマスコミに「ベビー・シャック」と呼ばれた。マクドナルド・オールアメリカンにも選ばれた。メンフィス大学への進学が内定していたが2003年のNBAドラフトにアーリーエントリー。1順目27位指名をメンフィス・グリズリーズから受けたがすぐにマーカス・バンクスと共にトロイ・ベルダンテ・ジョーンズとのトレードでセルティックスに入団した。

ルーキーイヤーの出場は10試合のみで1試合平均3.5分の出場という苦いものとなった。2年目の2004-05シーズンは60試合に出場、平均出場時間は9.1分であったがセルティックスの中でもタフなディフェンスをする選手として知られるようになった。2005年のインディアナ・ペイサーズとのプレーオフ第6戦でポール・ピアースが退場となる直前に得たフリースローを相手ヘッドコーチのリック・カーライルから指名され[1]2投したがいずれも失敗、試合はオーバータイムにもつれるといったことがあった[2]。サマーキャンプでの努力によって3年目の2005-06シーズンから当時主力選手だったアントワン・ウォーカーの移籍などもありヘッドコーチのドック・リバースよりプレイタイムを多くもらえるようになりローテーション入りした。出場した68試合中40試合では先発出場を果たし、平均19.6分出場、5.2得点、5.9リバウンド、1.5ブロックの成績を残す。マーク・ブラウントミネソタ・ティンバーウルブズに移籍すると先発のセンターとしてプレイした。4年目の2006-07シーズンには平均出場時間を21.9分まで伸ばすが、1年後輩のアル・ジェファーソンの成長もあり個人成績は下降した。

2007-08シーズン開幕前、セルティックスは大型補強でシアトル・スーパーソニックスレイ・アレンミネソタ・ティンバーウルブズケビン・ガーネットを獲得。この二人とエースのポール・ピアースのビッグ3を支え、シーズンを通してスターターの座をキープ。プレーオフでも自分の仕事を着実にこなし、ファイナル制覇に貢献した。

08-09シーズンもインサイドの要として目立たないながらもチームを支え続け、1試合平均8.5得点、8.1リバウンド、2.0ブロックという成績を残した。終盤にガーネットが故障で離脱し、パーキンスへの負担はさらに増したが、プレーオフでは1試合平均11.9得点、11.6リバウンド、2.6ブロックとシーズン中よりもさらに成績を伸ばし、オーランド・マジックとのカンファレンスセミファイナルでは、マッチアップしたドワイト・ハワードを平均16.4得点に抑えディフェンス力を示した(ハワードのシーズン平均は20.6得点)。

2011年2月24日、ネイト・ロビンソンと共に、ジェフ・グリーンネナド・クリスティッチとの交換トレードにより、オクラホマシティ・サンダーへ移籍した。

プレースタイル[編集]

オフェンスではゴール下を仕事場とし、外角からのシュートや大量得点は計算できないが、頑丈な体でのポジション取りやディフェンスなど、数字には残らないプレーを得意としている。ファウルが多いのが玉に瑕である。

脚注[編集]

  1. ^ その瞬間までパーキンスはその試合に出場していなかった。
  2. ^ この試合は最終的にセルティックスが制した。

外部リンク[編集]