エディー・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディー・ハウス
Eddie House
Eddie House 2008-01-13.jpg
名前
本名 Edward L. House Ⅱ
愛称 E-House
ラテン文字 Eddie House
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1978年5月14日(36歳)
出身地 カリフォルニア州バークレー
身長 185cm
体重 80kg
選手情報
ポジション PG/SG
ドラフト 2000年 全体37位
経歴
2000-2003
2003-2004
2004
2004
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2007-2010
2010
2010-2011
マイアミ・ヒート
ロサンゼルス・クリッパーズ
シャーロット・ボブキャッツ
ミルウォーキー・バックス
サクラメント・キングス
フェニックス・サンズ
ニュージャージー・ネッツ
ボストン・セルティックス
ニューヨーク・ニックス
マイアミ・ヒート

エディー・ハウスEdward L. House Ⅱ, 1978年5月14日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。カリフォルニア州バークレー出身。ポジションはポイントガードシューティングガード。185cm、80kg。

経歴[編集]

アリゾナ州立大学でプレイした後、2000年のNBAドラフトで2巡目37位指名でマイアミ・ヒートに入団。NBAではベンチから出場するスコアラーとして活躍。ボールを持ったら即シュートという超攻撃的スタイルで、短い出場時間の中でも大量得点することができ、NBAデビューから4試合目では早くも23得点を記録した。

8年のキャリアで8チームを渡り歩くジャーニーマンであり、ヒートでは3シーズンプレイしたのち、2003年にはロサンゼルス・クリッパーズに移籍。2004-05シーズン中にはシャーロット・ボブキャッツミルウォーキー・バックスサクラメント・キングスを渡り歩く。クリッパーズ時代にはキャリアハイの31得点を挙げている。またキングス時代にチームメイトだったマイク・ビビーはハウスの妻の実兄である。2005-2006シーズンにはフェニックス・サンズに移籍し、チームのカンファレンスファイナル進出に貢献した。翌2006-2007シーズンはニュージャージー・ネッツでプレイした。

2007年のオフにはボストン・セルティックスへ移籍。守備重視のチームの中で、攻撃型のガードであるハウスはシックスマンとして出場。チームはNBAファイナルへ進出。ハウスは要所でのスリーポイントを何本も沈め優勝に貢献した。

2010年、2月18日、トレードにより、ニューヨーク・ニックスへ移籍して短い期間プレーしたのち、シーズン終了後に再びマイアミ・ヒートに所属することとなった。

プレースタイル[編集]

運動能力が高くアウトサイドから得点を量産できるが、そのスタイルはどちらかと言うとシューティングガードに近く、NBAでは低身長なため、出場時間はあまり確保できない。そのためトレードの駒として多くのチームを渡り歩いている。主にシックスマンとして短時間で得点することが求められる選手である。 以前はボールを持ったら状況を考えずにすぐにシュートを放つ乱射癖があり起用方法に困る選手であったが、ボストン・セルティックス移籍後は改善され、PGとしてチームをコントロールする場面も数多く見られた。また、図太い性格の持ち主でチームのムードメーカー的存在でもあり、試合前の選手紹介でのパフォーマンスや出場していない時でもベンチから声を出し続けチームを盛り上げている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]