マイク・ビビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ビビー
Mike Bibby
MikeBibbyMiamiHeat.jpg
名前
本名 Michael Bibby
愛称 "Bibbinator", "Baby Jesus"
ラテン文字 Mike Bibby
基本情報
誕生日 1978年5月13日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州チェリーヒル
身長 185cm  (6 ft 1 in)
体重 86kg (190 lb)
選手情報
ポジション ポイントガード
ドラフト 1998年 2位
選手経歴
1998-2001
2001-2008
2008-2011
2011
2011
2011-2012
バンクーバー・グリズリーズ
サクラメント・キングス
アトランタ・ホークス
ワシントン・ウィザーズ
マイアミ・ヒート
ニューヨーク・ニックス

マイク・ビビーMichael (Mike) Bibby, 1978年5月13日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州チェリーヒル出身の元バスケットボール選手。ポジションはポイントガード。元NBA選手のヘンリー・ビビーの息子であり、元MLB選手のジム・ビビーとは叔父、甥の関係にある。身長185cm、体重86kg。  

NBAでの経歴[編集]

1998年のNBAドラフトで、バンクーバー・グリズリーズから全体の2位指名を受けNBA入り。ルーキー時代は、ロックアウトの影響で短縮された50試合を全てスターターで出場。1試合平均13.2得点、2.7リバウンド、6.5アシストの成績を残し、オールルーキーファーストチームに選出された。

しかし、チームはシーズンを通して低迷。2001年6月27日、ブレント・プライスと共にサクラメント・キングスジェイソン・チャンドラー・ウィリアムスニック・アンダーソンとの交換でトレードされた。移籍後、サクラメント・キングスの主力メンバーとして活躍、2002年にはチームはロサンゼルス・レイカーズとのウェスタン・カンファレンスカンファレンスファイナルに進出、第5戦でビビーは残り8.2秒に逆転シュートを決めてチームは92-91で勝利、NBAファイナルまで後一歩のところまで進んだが[1]、レイカーズに第6戦、第7戦と連敗した。2002年8月、キングスと7年8050万ドルの契約を結んだ[2]

2002-03シーズンには怪我のため55試合の出場に終わったが、平均15.9得点をあげ、チームも59勝23敗でウェスタン第2シードでシーズンを終えた。

2003-04シーズン、平均18.4得点をあげた。プレーオフ1回戦のダラス・マーベリックスとの第5戦では36得点をあげた[3]

2005-06シーズンには、過去最高の1試合平均21.1得点を挙げた。

2008年2月16日にシェルデン・ウィリアムスアンソニー・ジョンソンタイロン・ルーロレンゼン・ライト2008年のドラフト2巡指名権と引き換えにアトランタ・ホークスへトレードされた[4][5]

2011年2月23日、ジョーダン・クロフォードモーリス・エバンス、ドラフト1巡指名権と共にカーク・ハインリックヒルトン・アームストロングとのトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した[6]。その後、バイアウトが成立し、3月1日に、マイアミ・ヒートと契約を結んだ[7]。この年キャリア初のNBAファイナルでプレーする機会を得たが、ダラス・マーベリックスに2勝4敗で敗れてチャンピオンリング獲得はならなかった。

2011年12月11日、ニューヨーク・ニックスと1年契約で合意[8]

プレースタイル[編集]

ポイントガードとしてはかなりのシュート力を持つ。3Pシュートの成功率はリーグ屈指である。もちろんパスの技術もあり、味方のシュートを演出する。だが、特筆すべき点はその勝負どころでのプレーである。キングスの黄金期であった21世紀初頭、プレーオフの大舞台で活躍したのは大黒柱のクリス・ウェバーや、エースシューターのペジャ・ストヤコヴィッチではなくレギュラーシーズン中、黒子役に徹したビビーであった。その強心臓でチームの危機を何度も救っている。また、多くのNBA関係者は、ビビーはNBAの中でもっとも過小評価されている一人という意見も多い。

受賞歴[編集]

  • 1999年 - オールルーキーファーストチーム

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Season on the brink”. スポーツ・イラストレイテッド (2002年5月29日). 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ Kings sign Bibby to $80 million contract”. CBSスポーツ (2002年8月16日). 2012年7月1日閲覧。
  3. ^ Bibby hits for 36, Nowitzki misses at buzzer”. ESPN (2004年4月29日). 2012年7月1日閲覧。
  4. ^ Marc Stein (2008年2月16日). “King-size surprise: Hawks, not LeBron's Cavs, get Bibby”. ESPN. 2012年7月1日閲覧。
  5. ^ ATLANTA HAWKS ACQUIRE MIKE BIBBY FROM KINGS”. nba.com (2008年2月16日). 2012年7月1日閲覧。
  6. ^ Hawks add Kirk Hinrich, deal Mike Bibby”. ESPN (2011年2月25日). 2012年7月1日閲覧。
  7. ^ HEAT Signs Mike Bibby”. nba.com (2011年3月2日). 2012年7月1日閲覧。
  8. ^ Knicks Sign Free Agent Mike Bibby”. nba.com (2011年12月11日). 2012年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]