タイラス・トーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイラス・トーマス
Tyrus Thomas
アイオワ・エナジー  No.18
Tyrus Thomas in 2008.jpg
名前
本名 Tyrus Wayne Thomas
ラテン文字 Tyrus Thomas
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1986年8月17日(28歳)
出身地 ルイジアナ州バトンルージュ
身長 206cm
体重 102kg
選手情報
ポジション SF/PF
背番号 18
ドラフト 2006年 4位
選手経歴
2006-2010
2010-2013
2015-
シカゴ・ブルズ
シャーロット・ボブキャッツ
メンフィス・グリズリーズ
アイオワ・エナジー(Dリーグ)

タイラス・トーマスTyrus Wayne Thomas, 1986年8月17日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュ出身のバスケットボール選手。Dリーグアイオワ・エナジーに所属している。ポジションはパワーフォワード。206cm、102kg。

経歴[編集]

大学はルイジアナ州立大学(LSU)でプレイ。レッドシャツ(試合には参加できない練習生)を経て、パワーフォワードとしてロスター入りを果たし、2006年のNCAAトーナメントでは足に怪我を抱えながらもプレイし、チームをFinal4(ベスト4)進出に導く働きをした。

2006年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、ポートランド・トレイルブレイザーズから1巡目4位で指名を受け、直後にシカゴ・ブルズにトレードされる。そして10月31日マイアミ・ヒート戦にてNBAデビューを果たすが、この試合でジェームス・ポージーとの接触で鼻を骨折するアクシデントに見舞われた。しかし試合は108対66で前シーズンチャンピオンに対し大勝を収め、トーマス自身も4得点5リバウンド2ブロックとデビュー戦としてはまずまずの成績を残した。鼻の骨折もフェイスマスクを装着することにより大事には至らず、1試合を挟んですぐに復帰した。

ルーキーシーズンは1試合平均13.4分という短い出場時間の中で、5.2得点3.7リバウンド1.1ブロックのアベレージを残し、オールルーキセカンドチームに選出された。またこのシーズンのスラムダンクコンテストには、ブルズの選手としてはスコッティ・ピッペン以来の出場となったが、コンテスト出場の動機を「小遣い稼ぎ」と発言してしまったために顰蹙を買い、リーグから罰金も科せられた。2年目の2007-08シーズンは思ったように成績が伸びず、チームも大きく勝率を落とすなど期待外れのシーズンに終わった。

2008-09シーズンにブルズは新人デリック・ローズが加入し、新ヘッドコーチにビニー・デル・ネグロを迎えるなどし、新体制となって新シーズンを迎えた。トーマスはついに先発の座を確保し、出場時間が大幅に伸びたことで10.8得点6.4リバウンド1.9ブロックと多くのスタッツでキャリアハイを更新。チームのプレーオフ復帰に大きく貢献した。

2010年2月、ロナルド・マレーエイシー・ローとの交換トレードで、シャーロット・ボブキャッツへ移籍。2013年夏に、アムネスティ条項を行使されて解雇された。

2015年1月22日、メンフィス・グリズリーズと10日間契約を結んだが、次の契約は更新されず、グリズリーズ傘下のDリーグチーム、アイオワ・エナジーに送られた。

外部リンク[編集]