ドワイト・ハワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドワイト・ハワード
Dwight Howard
ヒューストン・ロケッツ  No.12
Dwight Howard March 2014.jpg
名前
本名 Dwight David Howard
愛称 サンダー,D12,スーパーマン,新世紀の怪物
ラテン文字 Dwight Howard
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1985年12月8日(28歳)
出身地 ジョージア州アトランタ
身長 211cm
体重 120kg
足のサイズ 37.0cm
選手情報
ポジション C(入団時はPF)
背番号 12
ドラフト 2004年 1位
最高到達点 約388cm
経歴
2004-2012
2012-2013
2013-
オーランド・マジック
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
オリンピック
2008 北京 バスケットボール

ドワイト・ハワードDwight David Howard1985年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のバスケットボール選手。NBAヒューストン・ロケッツに所属している。ポジションはセンター。身長211cm、体重120kg。スーパーマンとも呼ばれるアスリートの肉体を持ったリーグ屈指のセンタープレーヤーであり、現在最強のダンク製造機である。

高校時代[編集]

高校の体育監督の父と元バスケットボール選手の母というスポーツ一家で育ったハワードは、高校はその父が勤めるバスケットの名門校サウスウエスト・アトランタ・クリスチャン高校でプレイした。在学中の4年間で129試合に出場し、16.6得点13.4リバウンド6.3ブロックの成績を残した。最終学年には25.0得点18.0リバウンド8.0ブロックの成績でチームを州チャンピオンに導き、全米で最も活躍した高校生選手に贈られるネイスミス賞を受賞、パレード誌選出のオールアメリカンにも選ばれた。この年のマクドナルド高校オールスターゲームでは19得点をあげてJ・R・スミスと共にMVPに選ばれている。初めてダンクに成功したのは13歳のときで、このときの身長は175cmだった。

オーランド・マジック[編集]

キャリア初期[編集]

大学には進学せず、2004年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、オーランド・マジックより全体1位指名を受けてNBA入りを果たした。2006年より高校卒業すぐの指名ができなくなったため、ハワードは高校からのエントリーで1位指名を受けた最後の選手である。

通常高校からエントリーした選手は身体が完成していないため、プロの世界では通用するまでにある程度の時間を要するが、ハワードは非常に恵まれた肉体を有していたため、ルーキーイヤーから即戦力として活躍、シーズン開幕戦では12得点10リバウンド4ブロックといきなりダブルダブルをたたき出し、その後幾つかの最年少記録を更新。シーズン成績は12.0得点10.0リバウンドでリーグ史上最年少でシーズンダブルダブルを達成し、高卒ルーキーとしては初のシーズン82試合フル出場を果たした。新人王投票では3位に終わったが、オールルーキーファーストチームに選ばれた。

05-06シーズン中は、11月15日のシャーロット・ボブキャッツ戦で、21得点、20リバウンドを記録、さらに4月15日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦では28得点、26リバウンドをマークした。このシーズンの平均12.5リバウンドはリーグ2位、通算リバウンド数は1位となった。このシーズン中にスティーブ・フランシスがチームを去ったことにより、弱冠20歳のハワードは大黒柱としてチームを背負うことになった。

06-07シーズン序盤は、ハワードとベテランのグラント・ヒルを中心に若いチームはまとまり、ディビジョン首位をキープするなどチーム成績は確実に上向き始めた。ハワードはオールスターにも初めて選ばれ、スラムダンクコンテストにも出場。ダンクをリングに叩き込む際にバックボードにハワード自身のステッカーを貼るパフォーマンスを披露したが、審査員には不評だった。好調だったチームはシーズン中盤以降成績が下降するも、カンファレンス8位の座を死守し、4年ぶりにプレーオフに進出、ハワードはオールNBAサードチームに選出された。ハワードにとって初のプレーオフは、1回戦にてデトロイト・ピストンズに4戦全敗という形で幕を閉じた。

トップセンターとして[編集]

オフにはグラント・ヒルがチームを去り、新たにシューターのラシャード・ルイスを迎えて07-08シーズンに入った。このシーズン、ハワードは目覚しい成長を見せ、11月と12月の月間最優秀選手賞を獲得。シーズンの通算ダブルダブル達成数はリーグ1位(69回)を記録し、20得点20リバウンド以上を5回達成した。アベレージは一流ビッグマンの証である20得点10リバウンド以上の、20.7得点14.2リバウンドを記録。14.2リバウンドは2位以下を大きく引き離し自身初の、そしてリーグ最年少記録となるリバウンド王に輝いた。さらにオールNBAチームには初めてファーストチームに名を連ね、オールディフェンスセカンドチームにも選出、名実共にリーグのトップセンターとなった。オールスターファン投票ではシャキール・オニールを抜いてイーストのセンター部門第1位となり、先発メンバーとしてオールスターに出場した。またリベンジを誓って臨んだダンクコンテストでは、バックボード裏からのウィンドミルダンクや、スーパーマンダンクなど圧巻のパフォーマンスで優勝を果たした。チームは52勝30敗の好成績を収め、地区優勝を飾る。プレーオフ1回戦ではトロント・ラプターズと対戦したが、ハワードはラプターズのインサイド陣を一蹴。5試合中3試合で20得点20リバウンド以上を達成し、4勝1敗でラプターズを降した。ハワードは初めてカンファレンス準決勝まで進んだが、雪辱の相手となるピストンズと対戦では、ピストンズの厳しいマークに苦しみ、シリーズ平均15.2得点に抑え込まれ、1勝4敗で敗退した。

08-09シーズンは20.6得点13.8リバウンド2.9ブロックを記録でリバウンド王とブロック王の二冠を達成、NBA最優秀守備選手賞も受賞し、リーグトップセンターの座を不動のものとした。シーズン中には30得点19リバウンド10ブロックを記録してキャリア初のトリプル・ダブルも達成、オールスターファン投票では史上最多得票となる315万181票を獲得している。チームは59勝をあげると、プレーオフではフィラデルフィア・76ers、前年優勝チームのボストン・セルティックスを破ってカンファレンス決勝に進出し、レブロン・ジェームス率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦する。インサイドで暴れ回るハワードに手を焼いたキャバリアーズはファウルゲームを仕掛けたが、ハワードは重要な場面で苦手のフリースローをきっちりと決め、キャバリアーズの作戦を一蹴した。マジックは優勝候補だったキャバリアーズを4勝2敗で破り、ついにNBAファイナル進出を果たした。マジックの初優勝に期待が掛かったが、ハワードはロサンゼルス・レイカーズの厳しいディフェンスの前に持ち前の破壊力を発揮できず、またカンファレンス決勝では決めることができたフリースローを、重要な場面で尽く外してしまい、マジックは1勝4敗で完敗した。

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

2012年8月10日、ロサンゼルス・レイカーズオーランド・マジックフィラデルフィア・セブンティシクサーズデンバー・ナゲッツの4チーム、12選手が絡む大型トレードでロサンゼルス・レイカーズへ移籍した。 オールスターPGナッシュも加わり、コービー、ガソルと合わせてBIG4として注目されたが、チームは怪我が多く低迷、プレイオフには出たが初戦でスパーズにスイープ負けし失意のシーズンとなった。

2013年7月5日にFAでヒューストンロケッツに移籍することを自身のツイッターで公表した。

代表歴[編集]

北京オリンピックにて

2006年以降、アメリカ代表に参加している。日本で開催された2006年の世界選手権では、9試合中8試合に先発出場し、8.9得点5.3リバウンドの成績を残した。金メダルは逃したが、銅メダルを掛けて争ったアルゼンチン代表との3位決定戦は20得点と活躍した。

2008年の北京オリンピックでは代表チーム唯一のセンターとして参加。ハワードは全試合に先発出場し、10.9得点5.8リバウンドを記録し、アメリカの金メダル獲得に貢献した。

プレイスタイル[編集]

長らくリーグ最高峰のセンターとして君臨してきたシャキール・オニールの後継者として期待される、典型的なパワータイプのセンタープレイヤーである。

本格派センターの代名詞であるオニールの衰えが顕著になり、アウトサイドシュートを得意とするセンターが年々増加する現在のNBAにおいて、インサイドにてパワーで相手を押し切るプレイスタイルを貫く典型的なアメリカンセンターであり、現在唯一の“支配的なセンター”と称される。現役最高峰のセンターとして、他の選手を圧倒する能力を発揮する。リバウンドに関しては、若くしてすでにリーグトップクラスの実力者である。オフェンスリバウンドを獲得するとすぐさまダンクに持ち込むため、シーズン毎のダンク成功数は群を抜いている。ペイントエリア内において、跳躍の高さと速さから生み出されるハワードのダンクを完璧に止めることは至難の業である。さらに近年では、ショットブロッカーとしての才能を開花し始め、ディフェンス面でも脅威の存在となっている。NBAでのセンターの基準としてしばしば挙げられるのが7フッター=213cmの身長であるが、ハワード自身は211cmとリーグトップクラスのセンターとしては決してサイズがあるわけではない。しかしながら、現役選手内では群を抜く圧倒的なパワーと高い身体能力、広い肩幅、長い手足、幅のある身体を活かしペイントエリア内で暴れまくるため、攻守ともにマッチアップマンは手を焼くことになる。211cm、120kgの体格に似つかわしくない、ゴール下での俊敏な動きは相手にとって脅威以外の何ものでもない。ハワードの超人的なプレイを支えているのが、彼の人間離れした豊富な筋肉量と驚異の身体能力である。ハワードの推測される垂直跳び40in(約101cm)は、彼の体格としては驚異的と言える。怪我にも強く、2008-09シーズンに初めて欠場するまでは351試合連続出場を果たしていた。

フリースローはハワードにとって弱点の一つであり、今後の大きな課題となっている

現役最高センターと謳われるハワードだが、弱点はいくつか存在する。代表的な弱点が、フリースローである。ハワードはフリースローを苦手とするところまでパワータイプの典型を継承してしまっており、均衡した試合終盤の大事な場面では、相手チームにファウルゲームの標的とされるのを警戒され、ボールを持たせてもらえないことが多い。またリーグトップクラスのセンターとしてはオフェンスバリエーションが非常に少なく、得点のほとんどをオフェンスリバウンドからのダンクやアリウープ、利き手(右手)からのランニングフックに頼っている面がある。ペイントエリアから離れると、牙を抜かれた虎のように途端におとなしくなってしまう点も課題である。ジャンプシュートも苦手としており、シュートエリアも極端に狭い。ゴール下以外でボールをレシーブした場合、ボールハンドリングも得意ではないためドライヴすることもできず、ほぼ手詰まりとなる。パワーのあるハワードだが、より巨体のセンターと対峙した場合には拮抗した戦いになり、攻めきれないケースがある。

根っからの陽気な性格で、NBA全体のムードメーカーでもある。特にオールスターゲームでは、オニールに続くお祭り男として場を盛り上げている。

その他[編集]

  • 現在でこそリーグ一強靭な肉体を持つハワードだが、少年時代は学年で一番ガリガリに痩せており、裸になると心臓が動くのが分かる程であったとインタビューで語っている。
  • 慈善事業にも取り組んでおり、学生への奨学金などを目的としたドワイト・D・ハワード財団を創設している。
  • 2008年のスラムダンクコンテストでは、スーパーマンのコスプレでのパフォーマンスが一際大きな印象を与え、以来ハワードの愛称の中に『スーパーマン』が加わった。2007年のステッカー、2008年のスーパーマンのコスチュームのほか、バックボードの端に取り付けた小さなバスケットゴールと、小道具を取り入れることでパフォーマンスの幅を広げた。
  • 元チアリーダーの女性との間に子供をもうけていたことは、当時敬虔なクリスチャンというイメージが強かったハワードにとってはちょっとしたスキャンダルとなった。しかしこれが契機となって本来の陽気な性格を見せるようになり、今ではリーグきってのお祭り男としてチームメイトやファンから慕われている。

主な業績[編集]

受賞歴・スタッツリーダー[編集]

  • 最優秀守備選手賞:2009,2010,2011
  • オールルーキー1stチーム:2005
  • オールNBA1stチーム:2008、2009、2010
  • オールNBA3rdチーム:2007
  • オールディフェンシブ1stチーム:2009、2010
  • オールディフェンシブ2ndチーム:2008
  • NBAオールスター・スラムダンクコンテスト優勝:2008
  • リバウンド王:2007-08、2008-09、2009-2010、2011-2012、2012-2013
  • ブロック王:2007-08、2008-09
  • ダンクシュート成功数1位:2005-06、2006-07、2007-08、2008-09

最年少記録[編集]

  • 史上最年少で20得点以上、20リバウンド以上を記録(2004年12月1日ラプターズ戦)
  • 史上最年少で年間平均ダブルダブル(2004-05シーズン)
  • 史上最年少で年間10リバウンド以上(2004-05シーズン)
  • 高卒ルーキー(大学経験なし)で初めて全82試合で先発出場
  • 史上最年少で20得点以上、20リバウンド以上を記録(19歳342日;2005年11月15日ボブキャッツ戦)
  • 史上最年少で3000リバウンド達成(2007-08シーズン) ※ギネス世界記録
  • 自己最高の26リバウンド(2006年4月15日シクサーズ戦)

外部リンク[編集]