ターボ・セフォロシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ターボ・セフォロシャ
Thabo Sefolosha
オクラホマシティ・サンダー  No.25
Thabo Sefolosha.jpg
名前
本名 ターボ・パトリック・セフォロシャ
愛称 Swiss Knife
ラテン文字 Thabo Sefolosha
英語 Thabo Patrick Sefolosha
基本情報
スイスの旗 スイス
誕生日 1984年5月2日(30歳)
出身地 ヴォー州ヴェヴェイ
身長 201cm
体重 97.5kg
選手情報
ポジション シューティングガード
背番号 25
ドラフト 2006年 13位
代表歴
キャップ スイスの旗 2001年 U-18スイス代表
スイスの旗 2003年- スイスA代表
経歴
2001-2003
2003-2005
2005-2006
2006-2009
2009-現在
Tege Riviera Basket
ÉSシャロン=スュル=ソーヌ ÉSシャロン=スュル=ソーヌ
パッラカネストロ・ビエッラ パッラカネストロ・ビエッラ
シカゴ・ブルズ シカゴ・ブルズ
オクラホマシティ・サンダー オクラホマシティ・サンダー

タボ・セフォローシャThabo Sefolosha)ことターボ・パトリック・セフォロシャThabo Patrick Sefolosha1984年5月2日 - )は、スイスヴォー州ヴェヴェイ出身のプロバスケットボール選手である。NBAオクラホマシティ・サンダーに所属している。ポジションはシューティングガード。201cm、97.5kg。

人物[編集]

南アフリカ人の父とスイス人の母の間に生まれる。イタリア語フランス語英語の3ヶ国語を話す事が出来る。

プロデビュー[編集]

2001年、17歳でスイス国内リーグのチーム(Tege Riviera Basket)でプロデビュー。チームがフランス遠征を行った際にシャロン=スュル=ソーヌのスカウトの目にとまり、フランスのセミプロリーグに移籍。最初の年は21歳以下のジュニアチームで過ごしたが、2年目となる2002-2003シーズンにはシニアチームでローテーション入りし、30試合に出場して平均4得点、3.5リバウンド、1アシストの成績を残した。翌年は先発の座を掴み、平均30.7分出場、9.4得点、7リバウンド、1スティールでチームのプレイオフセミファイナルまでの躍進に大きく貢献した。しかし、翌年はチームとセフォロシャの代理人との契約交渉が難航し、セフォローシャはイタリアのビエッラのチームへと移籍した。

2006年、セフォロシャはフィラデルフィア・セブンティシクサーズより全体13位の指名を受けてNBA入りを果たす。ドラフト直後に同年16位指名のロドニー・カーニーと金銭を含むトレードでシカゴ・ブルズに移籍した[1]。セフォロシャ自身はドラフトでの指名を予期しておらず、記者会見では喜びを露わにした。しかし、シカゴでは同じポジションにベン・ゴードンラリー・ヒューズなどのトッププレイヤーが既におり、セフォロシャの役割はチームの3番手のシューティングガードでしかなかった。チームの都合により先発を任されることもあったが、プレイ時間としては短く不遇な状態が続いた。

2009年8月、アウトサイドでのディフェンダーを探していたオクラホマシティ・サンダーにドラフト1巡目指名権との引き換えでトレードされ[2]、セフォロシャはようやく固定された先発の座をつかんだ。セフォロシャの加入以降、チームの成績は向上し、エースのケビン・デュラントの成長も組み合わさってオクラホマシティはドアマットチームからの脱却に成功しつつある。

NBAがロックアウト中の2011年10月にはトルコのフェネルバフチェ・ユルケルと契約を結んだ。

プレイスタイル[編集]

長いウィングスパンを持つディフェンスのスペシャリスト。NBAでもトップレベルの身体能力を持ち、更にNBA入り以前にプロ経験があり、試合の流れをよく知っているなど、セフォロシャがドラフトされた時のシカゴの監督スコット・スカイルズは、そのボールを持たなくても機能する選手である点を非常に高く評価していた。一方でアンセルフィッシュな性格により得点に絡めず、注目を浴び難い地味な存在でもある。また、アウトサイドシュートの精度に課題を残す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NBA Draft trade roundup”. ESPN (2006年6月29日). 2012年3月24日閲覧。
  2. ^ Thunder Acquires Thabo Sefolosha”. nba.com (2009年8月17日). 2012年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]