テオ・ラトリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオ・ラトリフ
Theo Ratliff
Theo Ratliff trade.JPG
名前
本名 Theophilus Curtis Ratliff
ラテン文字 Theo Ratliff
基本情報
誕生日 1973年4月17日(42歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州デモポリス
身長 208cm  (6 ft 10 in)
体重 106.6kg (235 lb)
選手情報
ポジション センター
ドラフト 1995年 18位
選手経歴
1995-1997
1997-2001
2001-2003
2003-2006
2006-2007
2007-2008
2008
2008-2009
2009-2010
2010
2010-2011
デトロイト・ピストンズ
フィラデルフィア・76サーズ
アトランタ・ホークス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ボストン・セルティックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
デトロイト・ピストンズ
フィラデルフィア・76サーズ
サンアントニオ・スパーズ
シャーロット・ボブキャッツ
ロサンゼルス・レイカーズ

テオフィラス・カーティス・ラトリフTheophilus Curtis Ratliff, 1973年4月17日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。アラバマ州デモポリス出身。 身長208cm。体重107kg。ポジションはセンター

経歴[編集]

大学時代[編集]

ワイオミング大学で4年間プレー。ウエスタンアトランティックカンファレンス(WAC)のファーストチームに選出されるなど活躍を見せた。

NBA入り[編集]

1995年のNBAドラフトで1順目18位指名をピストンズから受けてNBA入り。ピストンズでの2シーズン半は主に控えとしてプレー。着実に数字を伸ばしたものの、先発にはなかなか上がれなかった。

1997年-1998年シーズン途中、フィラデルフィア・セブンティシクサーズにトレードで移籍。シクサーズでは先発のセンターのポジションを確保。01年のNBAオールスターゲームにはイーストの先発センターに選出されたものの、故障のため欠場を余儀なくされた。

オールスター後、トレードで3シーズンあまりを過ごしたシクサーズを去りアトランタ・ホークスへ移籍。ホークスではその後1シーズン半プレーした。

2003年-2004年シーズン途中、トレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍。このシーズンの307ブロックはリーグ1位となった。ブレイザーズでは6年間プレーした。

2006年-2007年シーズン前、トレードでボストン・セルティックスに移籍。しかしここでも故障に苦しみ、自身最低の2試合の出場に終わった。シーズン終了後ケビン・ガーネットを獲得する大型トレードに組み込まれミネソタ・ティンバーウルブズに移籍。若手中心のチーム作りを行っていたウルブズでは10試合の出場のみでバイアウトを受け入れた。2008年3月4日、古巣であるピストンズと契約をはたす。

2008-09シーズン前、FAで1997-98シーズン以来になるシクサーズに移籍した。

2008-09シーズン後、サンアントニオ・スパーズに移籍した。

2010年、2月、シャーロット・ボブキャッツへ移籍。2010年7月22日ロサンゼルス・レイカーズと1年契約を結んだ[1]

2011年12月、引退した[2]

プレイスタイル[編集]

ディフェンス、特にブロックショットに抜群の感性を持っている。12年のキャリアのすべてで1本を超えている。特に2003-2004シーズンの平均4.4ブロックは驚異的なものだった。オフェンスではあまり重要視されていないが、自己ベストとして27得点を挙げた試合もある。最大の欠点は故障欠場が多いところである。ほぼ全休のシーズンが2シーズンもあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ LAKERS SIGN THEO RATLIFF”. NBA.com (2010年7月22日). 2015年3月18日閲覧。
  2. ^ Success story”. laramieboomerang.com (2012年1月18日). 2015年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]