デロン・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デロン・ウィリアムス
Deron Williams
ブルックリン・ネッツ  No.8
Deron Williams head.jpg
名前
本名 Deron Michael Williams
愛称 D-Will
ラテン文字 Deron Williams
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1984年6月26日(29歳)
出身地 ウェストバージニア州
身長 191cm
体重 99kg
足のサイズ 31.0cm
選手情報
ポジション PG
背番号 8
ドラフト 2005年 1巡目3位
経歴
2005-2011
2011-
ユタ・ジャズ
ニュージャージー・ネッツ/ブルックリン・ネッツ

デロン・マイケル・ウィリアムスDeron Michael Williams, 1984年6月26日 - )は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州パーカーズバーグ出身のバスケットボール選手。NBAブルックリン・ネッツに所属している。

身長191cm、体重99kg、靴のサイズ31.0cm。ポジションはPG。武骨な体格に似つかわしくない、非常にクレバーなプレイを得意としている。                   

経歴[編集]

学生時代[編集]

母子家庭で育ったウィリアムスは、10歳の頃にダラスへ引っ越すと、そこで本格的にバスケットボールを始めた。高校は名門校であるコロニー高校に進学、2年生から先発に定着し、17得点6リバウンド8.4アシストの成績を残し、チームの勝率も9割を越えた。

大学はイリノイ大学へ進学。1年生のとき、32試合中30試合で先発出場を果たし、即戦力として活躍。早くもビッグ10カンファレンスの平均アシストランキングで上位に名を連ねた。2年生になると平均得点が上昇し、よりオフェンシブなスタイルになった。おのずとアシスト数も増え、平均6.2アシストを記録し、カンファレンスのファーストチーム(最も優秀な5選手)に選出された。チームはウィリアムスに加え、ディー・ブラウンルーサー・ヘッドの強力なバックコート陣に支えられ、全国でも有数の強豪へ成長し、ウィリアムスが3年生となった2004-05シーズンは開幕から29連勝と破竹の勢いで勝ち続けた。チームはNCAAトーナメントも勝ち抜き、決勝戦に進出したが、ノースカロライナ大学に破れ、惜しくも優勝は叶わなかった。この年の活躍によってジョン・ウッデン賞などを獲得している。

NBA[編集]

4年生には進学せずに、アーリーエントリーによってNBA入りを表明。2005年のNBAドラフトにおいてユタ・ジャズから全体3位指名を受けた。この年のドラフトクリス・ポールレイモンド・フェルトンと将来を嘱望される優秀なPGが多かったが、ウィリアムスは彼らの中で最も高い順位での指名を受けてジャズに迎え入れられた。

ルーキーイヤーの2005-06シーズン、序盤こそベンチからの出場が続いていたが、11月15日フェニックス・サンズ戦に初先発を果たした。1月と2月には再びベンチ出場が目立ったもののシーズン終盤には先発に定着した。この年は80試合に出場し、平均10.8得点、4.5アシストを記録してルーキーにして上々の成績を残した。そして、オフにはオールルーキーファーストチームに選出された。

2年目の06-07シーズンはウィリアムスにとってもジャズにとっても大きな飛躍のシーズンとなった。ウィリアムス自身は16.2得点9.3アシストの成績でアシストランキングではリーグ2位に名を連ねた。ウィリアムスと怪我から復帰したカルロス・ブーザーはジャズの往年の名コンビ、ジョン・ストックトンカール・マローンに重ねられるようになり、チームは快進撃を遂げ、51勝31敗の成績で4年ぶりにプレイオフに進出。プレイオフでもカンファレンスファイナルまで勝ち進んだ。

07-08シーズンは更なる飛躍を果たし、18.8得点10.5アシスト、FG成功率50.7%を記録。オールNBA2ndチームに初選出されたほか、10.5アシストはリーグ3位となり、この年のアシスト王に輝いたライバルで同期のクリス・ポールと共に、ポイントガードにおける新旧の世代交代を印象付けた。チームも勝率を伸ばして54勝28敗の成績でプレーオフに進んだが、カンファレンス準決勝でこのシーズンの優勝チームであるロサンゼルス・レイカーズの前に敗れている。

オフにはアメリカ代表として北京オリンピックに出場。ポイントガードのほかシューティングガードとしてもプレイし、その万能性を発揮した上でアメリカの金メダル獲得に貢献した。

ここまで順調にキャリアを積み重ねてきたウィリアムスだったが、08-09シーズンは試練の年となった。ウィリアムス自身は足首の捻挫によりシーズン序盤の13試合を欠場し、さらに相棒のブーザーやアンドレイ・キリレンコらも相次いで故障に見舞われ、ジャズはシーズンを通して常に戦力不足となっていた。その中でウィリアムスは奮闘を見せ、シーズン中盤にはチームを12連勝に導くなどし、自身は19.0得点10.4アシストと前年を上回る成績を残した。

09-10シーズンにはオールスターゲームに初出場。翌10-11シーズンもオールスターに出場したが、ジャズを長年に渡って指揮してきたジェリー・スローン監督とハーフタイム中に口論するなど確執が強まり、監督が突然辞任した要因になったとも報じられた。

2011年2月23日、ジャズがウィリアムスとの高額な契約を結ぶのは困難と判断し、ニュージャージー・ネッツにトレードで放出された(ジャズは引き換えにデビン・ハリスデリック・フェイバーズの2人の選手と、2011年・2012年のドラフト1巡目指名権、さらに300万ドルを獲得した)。

2012年7月11日、新生ブルックリン・ネッツと5年9870万ドルで再契約した。

プレイスタイル[編集]

PGとしては大柄であり、191cm・99kgの体躯を有する。リーダーシップ、パス能力、ピック&ロールをはじめとするコンビネーションプレイなど、PGに必要とされる能力をすべて持ち合わせたプレイヤーとされる[1]

外郭より高確率で沈めるジャンパー、相手の一瞬の隙を突く的確なパスセンスには光るものがある。ガードとしては破格のパワーと頑強なフィジカルを誇っており、体格の優位を活かしたポストプレイを多用し、相手を引き付けてからのパスアシストを得意とする。アウトサイドジャンパーだけでなく、果敢にドライヴを仕掛けてゴール付近まで切り込み得点するなど、オフェンスパターンが豊富である。自身が高いオフェンススキルを備えていながら、自らの得点に固執する態度は一切見せず、味方を活かしたオフェンスを展開する。

決してクイックネスやスピードがあるわけではないが、体幹の強さ(ボディバランス)がそれらをカバーしている。厳しいマークの中であっても、多少強引にダンクでフィニッシュすることもできる。切れ味の鋭いクロスオーバーを使用し、相手を一瞬にして抜き去る「点」の速さには目を見張るものがある。跳躍力などの身体能力はNBAではごく平均的ながらも、高いバスケットボールIQを発揮し、クレバーなプレイでそれらを補って有り余る活躍を見せる。

ディフェンスにおいても平均的な身体能力を、的確なポジション取り、100kg近い大柄な体躯が生み出す強い圧力、フォワードセンターにも決して当たり負けしないフィジカルの強さ、目前の状況に応じて瞬時に切り替えることのできる臨機応変なプレイで見事なまでにカバーしているため、スティールは多くはないものの極めて高い評価を受けている。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考『月刊DUNK SHOOT 2010年11月号増刊
  2. ^ 宮地陽子 (2007年1月11日). “ユタを強くした、ウィリアムスの秘密。”. Sports Graphic Number. 2010年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]