ジェラルド・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラルド・グリーン
Gerald Green
フェニックス・サンズ  No.14
Gerald Green at all-star PBL game 2011 (2).JPG
名前
本名 Gerald Green Jr.
ラテン文字 Gerald Green
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1986年1月26日(28歳)
出身地 テキサス州ヒューストン
身長 203cm
体重 91kg
選手情報
ポジション SG/SF
背番号 14
ドラフト 2005年 全体18位
経歴
2005-2007
2007-2008
2008
2008-2009
2009-2010
2010-2011
2011
2011-2012
2012
2012-2013
2013-
ボストン・セルティックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ヒューストン・ロケッツ
ダラス・マーベリックス
PBCロコモティフ・キューバン(ロシア)
BC Krasnye Krylia(ロシア)
陝西キリンズ
ロサンゼルス・ディーフェンダーズDリーグ
ニュージャージー・ネッツ
インディアナ・ペイサーズ
フェニックス・サンズ

ジェラルド・グリーンGerald Green Jr., 1986年1月26日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のバスケットボール選手。NBAフェニックス・サンズ所属。スラムダンク王に輝いた経歴を持つ。ポジションはシューティングガードスモールフォワード。203cm、91kg。

経歴[編集]

グリーンが本格的にバスケットボールに取り組み始めたのは高校生になってからだが、Gulf Shores Academyでは一度留年を経験するなど、彼のバスケット生活はしばしば学業に足を引っ張られた。彼が高校4年生の時には33得点12リバウンド7アシスト3ブロックのアベレージを残し、マクドナルド後援のオールアメリカンチームに選出された。

大学には進学せず、2005年のNBAドラフトボストン・セルティックスから1巡目18位で指名を受けてNBA入りを果たすものの、すぐにDリーグ送りとなり、シーズンの半分以上をフェイエットビル・ペイトリオッツで過ごした。そして2006年2月3日ロサンゼルス・クリッパーズ戦で初めてNBAのコートを踏む。ルーキーイヤーは32試合に出場し、5.2得点1.3リバウンドの成績に終わった。

2006-2007シーズンには81試合に出場、10.5得点2.6リバウンドのアベレージを残し、2007年4月10日アトランタ・ホークス戦では初の30得点オーバーとなる33得点をあげた。1月にチームのエースであるポール・ピアースが怪我でチームを離れた際には先発に起用され、主に得点面で活躍したものの、チームは悪夢の18連敗を記録する。またスラムダンクコンテストに出場し、前スラムダンク王のネイト・ロビンソンを手で目隠しをして飛び越えてダンクを決めるなどのパフォーマンスを披露し、優勝を果たした。同年7月31日ケビン・ガーネットとのトレードにより、グリーンを含む5選手と共にミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍した。

ウルブズでは満足のいく出場時間を得られぬまま、07-08シーズン途中に生まれ故郷の、ヒューストン・ロケッツにトレードされるも、わずか1試合で解雇、08-09シーズンにダラス・マーベリックスでプレイしたのち、NBAを離れる。

その後ロシア、中国を経てNBA、ニュージャージー・ネッツに加入しNBA復帰。

11-12シーズン3月には、ブレイク・グリフィンレブロン・ジェームズらを抑え年間ベストダンクに選ばれた、驚異的な跳躍力を駆使したアリウープを披露。

2012年7月12日、インディアナ・ペイサーズに移籍した。

2013年7月27日、フェニックス・サンズに移籍。

外部リンク[編集]