ディノ・ラジャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディノ・ラジャ
Dino Rada
240
名前
ラテン文字 Dino Rada
クロアチアの旗 クロアチア Dino Rađa
基本情報
クロアチアの旗 クロアチア
誕生日 1967年4月24日(46歳)
出身地 クロアチア社会主義共和国スプリト
身長 211cm
体重 120kg
選手情報
ポジション パワーフォワード/センター
ドラフト 1989年2巡40位
経歴
1987-1990
1990-1993
1993-1997
1997-1999
1999-2000
2000-2001
2001-2002
2002-2003
KKスプリト
ヴィルトゥス・ローマ
ボストン・セルティックス
パナシナイコスBC
KKザダル
オリンピアコスBC
KKシボナ
KKスプリト
 
獲得メダル
オリンピック
1988 ソウル ユーゴスラビア代表
1992 バルセロナ クロアチア代表
世界選手権
1994 トロント クロアチア代表
欧州選手権
1987 ギリシャ ユーゴスラビア代表
1989 ザグレブ ユーゴスラビア代表
1991 ローマ ユーゴスラビア代表
1993 ドイツ クロアチア代表
1995 アテネ クロアチア代表

ディノ・ラジャ(Dino Rađa 1967年4月24日-)は、クロアチアスプリト出身のバスケットボール選手。現在KKスプリトの会長を務めている。

経歴[編集]

クラブチームでの経歴[編集]

地元のKKダルヴィンでキャリアを開始した。その後KKスプリトに入りプロ生活を始めた。そこで彼はトニー・クーコッチと共に2度ヨーロッパのクラブ選手権を制覇した。また1988-89シーズンにはユーロリーグファイナル4MVP英語版に選ばれている。その後彼はセリエAヴィルトゥス・ローマに移籍して、チームの3連覇には立ち会わなかった。1990-91シーズン、彼は平均18.1得点をあげ、ヨーロッパのスポーツジャーナリストによる投票で、そのシーズン2番目に活躍した選手に選ばれた(最も票を集めたのはトニー・クーコッチ)。その後彼は平均得点を20.2得点、21.5得点とあげていき、1992年チームはコラチカップ英語版で優勝した。

1989年のNBAドラフト2巡目にボストン・セルティックスに指名されていたが、1993年にセルティックスと契約を結んだ。ルーキーシーズン、彼は平均15.1得点、7.2リバウンドをあげてNBAオールルーキーセカンドチームに選ばれた。セルティックスでは1試合平均16.7得点、8.4リバウンドをあげた。1997年、フィラデルフィア・セブンティシクサーズクラレンス・ウェザースプーンとのトレードが持ち上がったが、6月24日、フィジカルテストに失格した。

この年彼はヨーロッパへ復帰、パナシイナイコスBCに加入、2シーズンを過ごしギリシャA1バスケットボールリーグでの連続優勝に貢献した。クラブ社長の息子との試合後ロッカールームでの諍いもあり、彼はチームを退団、1999年にクロアチアのKKザダルに加入した。2000年にはギリシャに復帰、パナシナイコスの長年のライバルであるオリンピアコスBCに加入したが優勝することはできなかった。2001-2002シーズンをKKシボナ、2002-2003シーズンはKKスプリトでプレー、リーグ戦の優勝を花道に現役を引退した。

国際大会での経歴[編集]

1987年、イタリアボルミオで行われたバスケットボールジュニア世界選手権にユーゴスラビア代表として出場、金メダルを獲得した。その後、ユーゴスラビア代表クロアチア代表としてもトニー・クーコッチドラゼン・ペトロヴィッチブラデ・ディバッツ長年活躍し、1988年のソウルオリンピックNBAに所属するマイケル・ジョーダンマジック・ジョンソンら、ドリームチームが初めて出場した1992年のバルセロナオリンピックでも銀メダル、ドリームチームIIも出場した1994年バスケットボール世界選手権で銅メダルを獲得している。