フアン・カルロス・ナバーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・カルロス・ナバーロ
Juan Carlos Navarro
FCバルセロナ (バスケットボール)  No.11
JCNavarro.jpg
名前
本名 フアン・カルロス・ナバーロ・フェイホー
愛称 "La Bomba","Instant Grits",
"Juanki"
ラテン文字 Juan Carlos Navarro
スペイン語 Juan Carlos Navarro Feijoo
基本情報
スペインの旗 スペイン
誕生日 1980年6月13日(33歳)
出身地 カタルーニャ州バルセロナ県
サン・フェリウ・ダ・リュブラガート
身長 192cm
体重 91kg
選手情報
ポジション シューティングガード
背番号 11
ドラフト 2002年 40位
代表歴
キャップ スペインの旗 2000年-現在
経歴
1997-2007
2007-2008
2008-現在
FCバルセロナ FCバルセロナ
メンフィス・グリズリーズ メンフィス・グリズリーズ
FCバルセロナ FCバルセロナ
2009年ACB、vsバダローナ戦にてドライブするナバーロ。(場所はバダローナのホームアリーナ)

フアン・カルロス・ナバーロJuan Carlos Navarro)ことフアン・カルロス・ナバーロ・フェイホーJuan Carlos Navarro Feijoo1980年6月13日 - )は、スペインのプロバスケットボール選手である。スペイン1部ACBの名門FCバルセロナ所属。カタルーニャ州バルセロナ県サン・フェリウ・ダ・リュブラガート出身。ポジションはシューティングガード。愛称はラ・ボンバ(爆弾男)。

下部組織時代[編集]

Cantera C.B. Santfeliuencでバスケットボールを始める。
程なくして地元近くの名門FCバルセロナのユースチームに入団。

プロデビュー[編集]

1997年11月27日に17歳でFCバルセロナのトップチームに昇格し、ACBデビュー
1998年ヴァルナ (ブルガリア)でのジュニア欧州選手権で優勝。
1999年リスボンで開催されたジュニア世界選手権では決勝でアメリカを倒し優勝し、個人でも大会MVPと大会ベスト5を受賞。
2002年のNBAドラフトワシントン・ウィザーズより2巡目全体40位で指名を受けるも所属チーム(FCバルセロナ)と長期契約を既に結んでいた為契約に至らず。
2002-2003シーズンのコパ・デル・レイで優勝すると共にACB王者にも輝き2冠達成。 2003-2004年、2年連続となるACB王者となった。
2005-2006シーズンのユーロリーグ1stチーム。
2005-2006 ACBレギュラーシーズンMVP受賞。
2006-2007ACBレギュラーシーズン得点王受賞、同シーズンのコパ・デル・レイで優勝。
2007年メンフィス・グリズリーズに入団。オールルーキー2ndチームに選ばれる活躍をするも、わずか1年で退団
2008年6月にFCバルセロナと5年契約を結び復帰した。

スペイン代表[編集]

2000年8月18日(20歳)に行われたシドニーオリンピック前に行われたvsリトアニア代表との壮行試合でスペインA代表デビュー。
同年9月15日から開催されたシドニーオリンピックにも参加。
2001年、翌年の世界選手権の大陸予選を兼ねた2001ユーロバスケットに出場。2度のブザービーターでチームに勝利を呼び込むと共に、ノヴィツキー擁するドイツ代表との3位決定戦では27点と爆発し、銅メダル獲得に貢献。
2002年、アメリカインディアナポリスで開催された世界選手権に参加。
2003年アテネオリンピックの大陸予選を兼ねた2003ユーロバスケットにおいて銀メダル獲得。
2004年アテネオリンピックに出場。決勝トーナメント初戦でアメリカと対戦。この試合18点と奮闘するも破れ、7位に終わる。
2005年、翌年の世界選手権の大陸予選を兼ねた2005ユーロバスケットではチームは4位に終わるも、自身は大会ベスト5に選出される。
2006年、日本で開催された世界選手権では見事優勝し、金メダルを獲得。
2007年、母国スペインで開催された北京オリンピックの大陸予選を兼ねた2007ユーロバスケットでは決勝戦でロシア代表に1点差で破れ銀メダルに終わり、この大会でのスペイン初の金メダルの夢は逃してしまう。
2008年北京オリンピックでは銀メダル獲得。敗れはしたものの決勝戦のvsアメリカ戦では18点4アシストと奮闘した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
スペインの旗パウ・ガソル
2009 ポーランド
バスケットボール欧州選手権MVP
2011 リトアニア
次代:
-
2013 スロベニア