バスケットボールスペイン代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 Basketball pictogram.svgバスケットボールスペイン代表
国または地域 スペインの旗 スペイン
協会 スペインバスケットボール連盟
ヘッドコーチ セルヒオ・スカリオーロ
FIBAランキング 3位(2008年8月25日版)
オリンピック
出場回数 11回
初出場 1960 ローマ
最高成績 Med 2.png銀メダル(1984,2008,2012)
ワールドカップ (男子) / 女子世界選手権
出場回数 10回
初出場 1950 世界選手権
最高成績 Med 1.png金メダル(2006)
欧州選手権
最高成績 金メダル
ユニフォーム
Kit body thinsidesonwhite.png
ホームジャージ
Kit shorts blanksides.png
チームカラー
ホーム
Kit body thinyellowsides.png
アウェイジャージ
Kit shorts yellowsides.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

バスケットボールスペイン代表(Spain national basketball team)は、スペインバスケットボール連盟によって編成されるバスケットボールナショナルチームである。

歴史[編集]

1935年ユーロバスケットの決勝でラトビアに敗れたものの、銀メダルを獲得した。そして、2006年世界選手権では準決勝でエースのパウ・ガソルが負傷し決勝戦を欠場したものの悲願の初優勝を成し遂げた。

2000年9月3日に行われたさいたまスーパーアリーナのこけら落とし「スーパードリームゲーム2000」でも来日しており、6年後の同じ日に同じ場所で世界の頂点に立った。

オリンピックでは1984年ロサンゼルスと2008年北京、2012年ロンドンでの銀メダルが最高成績。

北京オリンピックに先立つ広告で代表選手全員が目尻を引っ張って細い目をしたことに対して中国人に対する人種差別であると非難が浴びせられた[1]。アメリカ人NBA選手は「俺たちが同様のことをしたらNBAから厳しい処分が降される。」と不満をもらした。女子代表の同様の広告も作成されていた。

主な国際大会成績[編集]

2006年世界選手権

現在の代表選手[編集]

2008年北京オリンピックに出場した選手

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Olympics: Spain's eye-catching faux pas”. がーディアン (2008年8月11日). 2010年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]