アル・アットルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・アットルス
Al Attles
名前
本名 Alvin A. Attles Jr.
愛称 "Destroyer"
ラテン文字 Al Attles
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1936年11月7日
出身地 ニュージャージー州ニューアーク
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
ポジション ガード
背番号 16 #永久欠番
ドラフト 1960年 5巡目全体39位
経歴
1960-1971 フィラデルフィア/サンフランシスコ・ウォリアーズ
監督歴
1969-1983 サンフランシスコ/ゴールデンステート・ウォリアーズ

アル・アットルスAl Attles, 1936年11月7日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手、指導者。ニュージャージー州ニューアーク出身。選手、コーチとしてフィラデルフィア時代からのゴールデンステート・ウォリアーズを23年間に渡って支え、1975年にはコーチとしてウォリアーズを優勝に導いた。背番号『16』はウォリアーズの永久欠番となっている。

1960年のNBAドラフトフィラデルフィア・ウォリアーズに指名されたアットルスは、当時は全体39位という低い評価での入団だった。しかしロールプレイヤーながらウィルト・チェンバレンポール・アリジントム・メシェリーネイト・サーモンドリック・バリージェフ・マリンズと主力選手が次々と入れ替わる中、アットルスは選手として11シーズンの間ウォリアーズでプレイした。

サンフランシスコに拠点を移した1963-64シーズンにはプレーオフを勝ち抜いてNBAファイナルに進出したが、ウォリアーズにとっての仇敵ボストン・セルティックスに敗れた。チェンバレンがチームを去り、サーモンド、バリーらがチームの中心選手となった1966-67シーズンにも再びファイナルに進出するが、今度はチェンバレン率いるフィラデルフィア・76ersに敗れ、優勝には届かなかった。

1969-70シーズンからは選手兼任のままウォリアーズのヘッドコーチに就任。その後コーチに専念するため、1970-71シーズンを最後に現役から引退した。NBA通算成績は 11シーズン711試合の出場で、6,328得点2,483アシスト、平均8.9得点3.5アシストだった。

1967年のファイナル進出以来成績が下降気味だったウォリアーズは、アットルスのヘッドコーチ就任により成績が持ち直し、プレーオフ常連チームとして毎年安定した勝率を残してはいたが、ファイナル進出からは遠ざかっていた。そして1974-75シーズン前にはサーモンドを放出。大黒柱の放出にこのシーズンのウォリアーズは苦戦必至と思われたが、予想外の健闘でプレーオフではファイナルに進出。ワシントン・ブレッツとのファイナルは、アットルスとK.C.ジョーンズと、アメリカプロスポーツ史上初となる黒人ヘッドコーチ同士の対決となった。ウォリアーズは4戦全勝で降して優勝を果たし、アットルスはビル・ラッセルに次いで史上2番目の優勝チームの黒人ヘッドコーチとなった。

アットルスはその後も1982-83シーズンまで采配を振り続けるが、コーチキャリアの後半は不振のシーズンが続き、最後の6シーズンはプレーオフ進出することができなかった。

コーチ通算成績は14シーズン1,075試合、557勝518敗、勝率.518。プレーオフ進出は6回、優勝は1回。

外部リンク[編集]