ニック・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・ヤング
Nick Young
ロサンゼルス・レイカーズ  No.0
Nick Young.jpg
名前
本名 Nick Young
ラテン文字 Nick Young
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1985年6月1日(28歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
身長 198cm
体重 90kg
選手情報
ポジション SG/SF
背番号 0
ドラフト 2007年 全体16位

ニック・ヤングNick Young1985年6月1日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバスケットボール選手。NBAロサンゼルス・レイカーズ所属。主なポジションはシューティングガードスモールフォワード

経歴[編集]

学生時代[編集]

カリフォルニア州レソダ郊外にあるクリーブランド高校に編入するまでに成績不良により2度の退学を経験したヤングは、卒業するためにSAT試験を3度も受けなければならなかった。高校3年目となった年は平均27.2得点、10.8リバウンドを記録し、2004年のCIF L.A. City Section、ロサンゼルス・タイムズオールシティー1stチーム、サンフェルナンド・バレー1stチームに選ばれた。その年はフィールドゴール成功率57.3%、スリーポイント成功率46.8%、48スティール、41ブロックの成績でクリーブランド高校は通算25勝4敗。HoopScoopでは全米7位にランクされ、2004年のドラフトにエントリーすれば高卒選手ながら上位50位以内の指名は確実と言われていた。

高校卒業後、南カリフォルニア大学に進学したヤングは、2005-06シーズンと2006-07シーズンのPac-101stチームに選出された。2007年NCAA男子バスケットボールトーナメントにおいてはノースカロライナ大学に敗れたもののチームをSweet16に導いた。トーナメント2回戦ではケビン・デュラント率いるテキサス大学に勝利している。

トーナメント終了後の2007年4月15日、ドラフトへのアーリーエントリーを宣言した。

NBA[編集]

2007年のNBAドラフトワシントン・ウィザーズから1巡目16位で指名されてNBA入り。12月15日サクラメント・キングス戦でデビューを果たす。デビューから4シーズン半をウィザーズで過ごし、2011年3月にトレードでロサンゼルス・クリッパーズに移籍。

フリーエージェントとなっていた2012年7月11日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと約600万ドル(約4億8000万円)の1年契約で合意し加入した。

2013年7月11日、ロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007–08 WAS 75 2 15.4 .439 .400 .815 1.5 .8 .5 .1 1.25 7.5
Career 75 2 15.4 .439 .400 .815 1.5 .8 .5 .0 1.25 7.5

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007–08 WAS 4 0 4.3 .111 .000 .750 .5 .3 .5 .0 0.25 1.3
Career 4 0 4.3 .111 .000 .750 .5 .3 .5 .0 0.25 1.3

外部リンク[編集]