ダニエル・ギブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ギブソン
Daniel Gibson
クリーブランド・キャバリアーズ  No.1
GibsonCavs.jpg
名前
本名 Daniel Hiram Gibson
愛称 "Boobie" (ブービー)
ラテン文字 Daniel Gibson
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1986年2月27日(28歳) 
出身地 ヒューストン
身長 188cm
体重 86kg
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 1
ドラフト 2006年 全体42位
経歴
2006- クリーブランド・キャバリアーズ

ダニエル・ギブソンDaniel Hiram Gibson, 1986年2月27日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のバスケットボール選手。NBAクリーブランド・キャバリアーズに所属している。ポジションはポイントガード。188cm、86kg。愛称はBoobie。背番号は「1」。

経歴[編集]

大学はテキサス大学オースティン校でプレイ。2年生の時にはビッグ12カンファレンスのサードチームに選出されている。3年生には進学せず、2006年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、クリーブランド・キャバリアーズから2巡目42位の指名を受けた。

ルーキーシーズンとなった2006-2007シーズン、ドラフト下位指名者のギブソンはシーズン中にはさほどプレイタイムを与えられず、1試合平均4.6得点1.2アシスト1.5リバウンドと平凡な数字に終わったが、プレイオフでは一変。チーム史上初のNBAファイナル進出を掛けたデトロイト・ピストンズとのカンファレンスファイナルシリーズでは、勝負どころで次々とシュートを決める強心臓ぶりを発揮。シリーズ中に大出世を遂げたギブソンは6試合中3試合で二桁得点を記録し、特に最終第6戦では5本全てのスリーポイントを成功させ、チームハイとなる31得点を稼ぎ出し、チームをファイナルに導いた。ファイナルの大舞台でもルーキーの怖いもの知らずは続き、1戦目2戦目はチームで2番目の得点を挙げ、3戦目からは故障を抱えたラリー・ヒューズに代わって先発に起用された。

翌07-08シーズンにはオールスタールーキーチャレンジに出場する。この試合で彼が放ったシュートは全てスリーポイントシュートで、20本のうち11本を沈め、ルーキーチャレンジの最多記録を更新した。33得点の活躍でソフォモアチームを勝利に導き、ルーキーチャレンジのMVPに選ばれた。オフシーズンにはキャブスと5年2080万ドルで再契約に合意した。

プレイスタイル[編集]

レブロン・ジェームスにマークが集中し、フリーになり3ポイントシュートを連発というのが得意技。そのため、レブロンからも厚い信頼を得ている。規定数に達しなかったため目立たなかったが、実はルーキーシーズン怪我をするまでは3P成功率3位だった。2年目の2007-2008シーズンも、そのシュートタッチはさらに向上し、成功率4位という成績を残した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]