アントワン・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワン・ウォーカー
Antoine Walker
Antoine walker z.jpg
名前
本名 Antoine Devon Walker
愛称 Employee No. 8, ヲカ様
ラテン文字 Antoine Walker
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1976年8月12日(37歳)
出身地 シカゴ
身長 206cm
体重 111kg
選手情報
ポジション SF/PF

アントワン・ウォーカーAntoine Devon Walker, 1976年8月12日- )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の元プロバスケットボール選手。日本国内での愛称は「ヲカ様」。身長206cm、体重111kg。

経歴[編集]

ケンタッキー大学に進んだウォーカーは、リック・ピティーノの指導の下、トニー・デルクロン・マーサーデレック・アンダーソンらと共にNCAAタイトル獲得に貢献した。2年でアーリーエントリーを表明し、1996年のNBAドラフトに1巡目6位で指名される。以降ボストン・セルティックスの中心選手として7シーズン活躍した後、ダラス・マーベリックスアトランタ・ホークスマイアミ・ヒートを経て、ミネソタ・ティンバーウルブズに所属。NBAオールスターゲームにはセルティックス時代に3回選出された。2006年にはシャキール・オニールドウェイン・ウェイドらを助け、キャリアで初めてのNBA制覇を成し遂げた。優勝が決まったNBAファイナル第6戦では14得点、11リバウンドを上げ勝利に貢献した。

2007年10月24日、ウォーカーはミネソタ・ティンバーウルブズにトレードされた。 (パット・ライリーヘッドコーチのコンディション作りについていけない面が出ており、06-07シーズンは体脂肪が規定値を上回ったために試合に出られなかったこともあった。)

2008-09シーズン前、トレードで今度はメンフィス・グリズリーズへ移籍。しかし、バイアウトされてFAになった。このシーズンはどこのチームとも契約せずに終わった。

その後はNBAデベロップメント・リーグ等でプレーした後、2012年に引退を表明した。

プレイスタイル[編集]

ウォーカーはパワーフォワードでありながら、ボールハンドリング、アウトサイドシュートに優れ、時にはポイントフォワードとして味方の得点をアシストする場面も見られるなど非常に多才なプレイヤーである。現在は乱発気味の3ポイントを非難されることもある。

その他[編集]

  • 難しいシュートやゲームの流れを引き寄せるプレーを自分が決めたとき、肩をくねらせて踊る。これは「The simmy(シミー)」と呼ばれている。
  • 3ポイントシュートをたくさん打つ傾向がある。セルティックス在籍時、地元のファンからは「Bombs away attack」と呼ばれていた。
  • ニックネームは「Toine」[1]
  • 通常、背番号は「8」を付けているが、セルティックスに復帰してから2試合は「88」を付けていた。その後、「8」を付けていたルーキーのアル・ジェファーソンに番号を譲られ、「8」に戻した。
  • 誰も知らないと思うウォーカーに関することは何かと聞かれ、ウォーカーは「ソープ・オペラを見ていること」と答えた。[2]
  • 元チームメイトのエリック・ウィリアムズと共同で「Walker Williams」という会社を経営している。
  • ケンタッキー大学ではビジネス管理学を専攻した。
  • 好きなNFLのチームは地元のシカゴ・ベアーズ
  • 好きなMLBのチームは地元のシカゴ・カブス
  • 好きな俳優はデンゼル・ワシントン

脚注[編集]

  1. ^ nba.com/playerfile personal
  2. ^ nba.com/playerfile

外部リンク[編集]