ランディ・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランディ・スミス
Randy Smith
名前
本名 Randolph Smith
ラテン文字 Randy Smith
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1948年12月12日
没年月日 2009年6月4日(満60歳没)
出身地 ニューヨーク州ブルックヘヴン
身長 191cm
体重 82kg
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 9
ドラフト 1971年 104位
経歴
1971-1978
1978-1979
1979-1981
1981-1982
1981-1982
1982
バッファロー・ブレーブス
サンディエゴ・クリッパーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ニューヨーク・ニックス
サンディエゴ・クリッパーズ
アトランタ・ホークス

ランディ・スミスRandy Smith, 1948年12月12日 - 2009年6月4日)はアメリカプロリーグNBAで活躍したアフリカ系アメリカ人の元バスケットボール選手。ニューヨーク州ブルックヘヴン出身、バッファロー州立大学卒業。身長191cm、体重82kg。ポジションはポイントガード

1971年のNBAドラフトでは7巡目104位という大変に低い評価で指名を受けるも、生存競争の厳しいNBAにおいて12年間プレイし、1978年NBAオールスターゲームではMVPに輝いた。キャリアの大半はバッファロー・ブレーブス(現ロサンゼルス・クリッパーズ)で過ごし、ボブ・マカドゥーと共に短期間ではあるがブレーブスを上位チームに押し上げる働きを見せた。非常に頑丈な選手として知られ、後にA.C.グリーンに破られるまでNBA記録となる906試合連続出場を果たした。

経歴[編集]

バッファロー州立大学[編集]

学生時代はサッカー陸上競技など様々なスポーツで活躍した(ベルポート高校では走高跳で6フィート10インチ(約208cm)の記録を残している)、なかでもバスケットボールでは際立った成績を残し、バッファロー州立大学のバスケチームをカンファレンスチャンピオンシップ三連覇と1970年のNCAAトーナメントFinal4進出に導いた。

NBAキャリア[編集]

バッファロー・ブレーブス[編集]

大学時代の活躍にも関わらず、バッファロー州立大という無名校出身であったため、NBAスカウト陣からの関心は薄く、1971年のNBAドラフトでは7巡目104位という、NBA入りできるかどうかすら危うい低評価だった(NBAのライバルリーグだったABAからは指名を受けることすらできなかった)。彼を指名した地元ニューヨーク州バッファローのフランチャイズチーム、バッファロー・ブレーブス(前年の1970年に誕生したばかりの新興チーム)は彼を7月の新人キャンプには招いたものの、チームがスミスとようやく契約した時には11月となっており、すでに新シーズンは開幕していた。しかしブレーブスにとってスミスは思わぬ拾い物となった。スミスは1年目の1971-72シーズンから即戦力として活躍し、13.4得点4.8リバウンドの成績を残すと、以後ブレーブスの有力な得点現の一人としてプレイした。ブレーブス、現ロサンゼルス・クリッパーズはその歴史の大半を弱小チームとして過ごしているが、スミスが入団して3年目の1973-74シーズンには42勝40敗とチーム史上初めて勝ち越し、プレーオフにも初進出を果たしている。翌1974-75シーズンには現在もクリッパーズの歴代最高勝率となる49勝33敗を記録。翌シーズンもプレーオフ進出を果たし、クリッパーズ史上唯一の3年連続プレーオフ進出を果たした。スミスはエースのボブ・マカドゥーらと共に、クリッパーズの黄金期を築き上げた選手だった。この黄金期はマカドゥーの移籍で極短期間で終わってしまうが、マカドゥー移籍後はスミスが事実上のブレーブスのエースとなり、1975-76シーズンから4シーズン連続で平均20得点超えを果たすなど1970年代後半に全盛期を迎え、1975-76シーズンには初のオールNBA2ndチームとオールスターに選ばれ、1978年のオールスターではベンチ出場ながらゲームハイとなる27得点をあげてイーストチームを勝利に導き、見事にオールスターMVPに輝いた。またこのシーズンはキャリアハイとなる平均24.6得点をあげている。

ブレーブス退団後[編集]

スミスはブレーブスで8シーズン過ごし、1978-79シーズンを最後に(この時ブレーブスはサンディエゴに本拠地を移転し、サンディエゴ・クリッパーズとなっていた)、ビル・ウォルトンらとの交換でポートランド・トレイルブレイザーズにトレードされ、さらにシーズン開幕前にクリーブランド・キャバリアーズに再びトレードされた。キャバリアーズではチームキャプテンに指名され、2シーズンプレイ。1981-82シーズンニューヨーク・ニックスで過ごし、1982-83シーズンには古巣クリッパーズに戻ったが、シーズン中に解雇され、現役最後のときはアトランタ・ホークスで過ごした。

  • NBA通算成績
    • 976試合出場
    • 16,262得点(平均16.7得点)
    • 3,597リバウンド(平均3.7リバウンド)
    • 4,487アシスト(平均4.6アシスト)

引退後・業績など[編集]

スミスは同時代のスーパースター、ジュリアス・アービングのように速攻とリム際のボール捌きの巧みさで70年代後半から80年代前半のNBAのオフェンススタイルに大きな影響を及ぼした選手とされる。ディフェンスの名手でもあり、スティール数は4シーズンでリーグTop10以内にランクし、またアシスト数も1974-75シーズンに記録された平均6.5アシストはリーグ5位の好記録だった。長期にわたってバッファロー・ブレーブス(現クリッパーズ)でプレイしたため、多くのスタッツでチーム記録の歴代上位に入っている。

主な業績

現役引退後はNBAの役員となったほか、独立リーグCBAのモヘンガン・サン・カジノのコーチなどを務めた。2009年6月4日、コネチカット州ノーウィッチで心臓発作で亡くなった。60歳だった。

外部リンク[編集]