アメリカン・バスケットボール・アソシエーション (1967-1976年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカン・バスケットボール・アソシエーションAmerican Basketball Association, 略称:ABA)は、1967年から1976年までの間アメリカ合衆国に存在したプロバスケットボールリーグ。既に活動していたもう一つのリーグNBAとは選手や観客の獲得を巡るライバル的な存在であり、NBAと差別化を図るため様々な試みを実践し大衆にアピールしようとした。しかしリーグはやがて財政難に見舞われるようになり、最後には所属していた4チームがNBAに加入して9年間の歴史を終えた。ABAで導入されたスリーポイントシュートはのちにNBAばかりか国際ルールでも採用されたほか、オールスター戦でのダンクコンテストがNBAに受け継がれるなど、ABAは現代にもいくつかの遺産を残している。

2000年より北米で活動を行っている同名のリーグABAと直接のつながりはないが、いわゆるNBAの2軍ともいえる「独立リーグ(セミプロ)」として機能している。

歴史[編集]

ABAが発足しようとしていた1967年には、NBAでは10チームがプレイしていた。この時期にはNBAのチームを持たない都市で地元の財界関係者の間からプロバスケットボールのチームを求める声が聞かれるようになっていた。しかしNBAに新しいチームが参加するには高額な加入金を支払う必要があったため、新たなリーグを作ろうという動きが起こり始めた。

こうして立ち上げられたABAのチームは、主としてNBAのチームがない都市を本拠に作られた。初代コミッショナーには、NBA創成期のスター選手ジョージ・マイカンが就任した。

当時のNBAは大学を卒業した者のみをドラフトの対象にしていたが、ABAはその制限を設けておらず,若く有望な選手をNBAより早く獲得することができた。一方で、両リーグは選手の奪い合いを行うこともあり、リック・バリーのように両リーグを行き来するスター選手もいた。

リーグが設立されて間もない1970年代初頭にはすでにABAとNBAは合併すべきという意見が言われるようになっていた。70年代が過ぎていくにつれ、ABAの参加チームの経営状況悪化が明らかになっていき、両リーグの合併は現実的なものになっていった。人気のあるチームの試合には1万人以上の観客が集まったが、中には200人程度の観客しか来ない試合もあった。

ABA最後のシーズンとなった1975-76シーズンには9つのチームがあったものの、シーズン途中でうち2チームが解散。残った7チームのうち、インディアナ・ペイサーズサンアントニオ・スパーズデンバー・ナゲッツニューヨーク・ネッツはリーグ消滅と同時にNBAに新規加盟した。

リーグの特徴[編集]

9年間の歴史でABAに所属していたチームは延べ28あったが(移転・改名したものも数える)、短期間で消滅したチームも多く、1シーズンあたり8から10程度のチームが参加していた。最後のシーズンを除きリーグは二つのディビジョンに分けられ、それぞれ5から6程度のチームが所属していた。リーグ設立から2年間は1チームのレギュラーシーズン試合数は78で、以降は84試合を行った(NBAは82試合)。

レギュラーシーズン中の成績がそれぞれのディビジョンで4位以内に入ったチームにプレイオフ進出が認められた。順位が同じチームがあった場合、順位決定のためもう1試合が行われた。プレイオフは4試合を先勝したチームが次のラウンドに進出できるトーナメント方式で、最終の決勝ラウンドで4戦したチームが優勝した。ただし、初期のプレイオフ1回戦は3戦先勝したチームが勝ち抜きで、7チームしか残っていなかった最後のシーズンは4位と5位のチームが2戦先勝のシリーズを行い、残った4つのチームが4戦先勝のトーナメントを行った。

ABAはルールの面でもNBAとの差別化を図ろうとした。その一つはスリーポイントシュートだった。シュートの制限時間であるショットクロックは、NBAの24秒より長い30秒に定めた。最後のシーズンには、ファウルアウトをなくし、6つのファウルを犯した選手も試合に残ることができた(ただし相手チームにフリースロー2本とボールの保有権が与えられた)。

もう一つABAが行った試みは、赤・白・青の三色からなるカラーボールの導入だった。これを考案したコミッショナーのジョージ・マイカンは、国旗と同じ三色を用いることが愛国的であるとの理由を挙げたが、試合中に目立ち見栄えがするという効果もあった。三色のボールはABAの象徴のような存在になった。

競技に直接関係がない点では、ABAでプレイした黒人選手は、当時の流行を反映してアフロの髪型をしている者が多かった。選手の大きなアフロヘアも一種ABAのトレードマークのような存在だった。

ABAがオールスター戦で採用したダンクコンテストも画期的な試みの一つだった。とりわけ、最後のオールスター戦となった1976年のダンクコンテストで、ジュリアス・アービングはフリースローラインから跳んでダンクシュートを成功させ、観客を興奮させた。

有名な選手[編集]

ABAには以下のようなスター選手がいた。

  • ジュリアス・アービング: バージニア・スクワイアーズとニューヨーク・ネッツ所属。ABAを代表する選手で、ダンクシュートを得意としていた。フリースローラインからのダンクシュートで有名。Dr.Jとしても知られる。のちにNBAでも活躍し、殿堂入り。
  • ルイ・ダンピア: ケンタッキー・カーネルズに所属。ABA歴代最多得点。
  • ジョージ・ガービン(アイスマン): バージニア・スクワイアーズとサンアントニオ・スパーズに所属。得点力が高かった。のちにNBAでも活躍し、殿堂入り。
  • モーゼス・マローン: ユタ・スターズとスピリッツ・オブ・セントルイスに所属。ゴール下では支配的なセンターの選手。のちにNBAでも活躍、殿堂入り。
  • リック・バリー: オークランド・オークス、ワシントン・キャピトルズ、ニューヨーク・ネッツに所属。シュートの名手。信じられないフリースロー成功率をマークした。彼のフリースローは下から投げるものだった。ABAでプレイする前後にNBAでもプレイ。のちに殿堂入り。
  • コニー・ホーキンズ: ピッツバーグ・パイパーズに所属。ABA最初のMVPで得点王。のちに殿堂入り。
  • デビッド・トンプソン: デンバー・ナゲッツに所属。高い運動能力を持ち、ダンクシュートを得意とした。のちにNBAでもプレイし1試合73得点を記録するなどしたが、薬物の使用でキャリアを損ねた。
  • ラリー・ブラウン: ニューオーリンズ・バッカニアーズなど5チームでプレイ。リーグの最初の3年間アシスト王。のちに監督として有名になる。

ABAチャンピオンシップゲーム[編集]

所属チーム[編集]

以下はABAに所属したチームの一覧。括弧内は存続した期間。

外部リンク[編集]

Remember the ABA (英語)