オークランド・オークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オークランド・オークス(Oakland Oaks)はアメリカ合衆国に存在したABAバスケットボールチームである。代表的なオーナーに、歌手のパット・ブーンがいる[1]

オークランド・オークスは、ABA設立時の当初からの参加チームであり、1967年-1968年シーズンと1968年-1969年シーズンの2年間ABAに参加した[1]。チームカラーは緑と金であった[1]。オークスで最も有名なことはNBAのサンフランシスコ・ウォリアーズ(現在のゴールデンステート・ウォリアーズ)との間のスタープレイヤー リック・バリーの契約問題だった[1]。新人王を獲得して1966年-1967年シーズンにチームをNBAファイナルまで導いたバリーは契約でもめて1967年-1968年はどこのチームとも契約せずに、この年、オークスに加わった。またヘッドコーチには、バリーの義理の父親でマイアミ大学のヘッドコーチを務めたことのあるブルース・ヘイルが就任した[1]

2シーズン目の1968年-1969年シーズンは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのヘッドコーチだったアレックス・ハナムが新ヘッドコーチに就任、チームはニューオーリンズ・バッカニアーズに14ゲーム差をつけて、西地区で優勝、プレーオフ初戦のデンバー・ロケッツ戦は4勝3敗で勝利、ニューオーリンズ・バッカニアーズを破った後、怪我でバリーを欠いたものの、インディアナ・ペイサーズを4勝1敗で破りABAチャンピオンとなった[1]。この年、バリーの他にシーズン中にトレードで加入したラリー・ブラウンダグ・モーがオールスターに選ばれた[1]

バリーがいてもいなくても、NBAのサンフランシスコ・ウォリアーズが原因でオーナーたちの投資を満足させるには至らなかった。2シーズン目も観衆は1試合あたり約2,800人しか入らなかった。オーナーのブーンは巨万の富を失い、チームをアール・フォアマンに売却し、チームは2800マイル離れたワシントンD.C.に移転[1]1969年-1970年シーズンはワシントン・キャピトルズと改称した。1シーズンを首都ワシントンで戦った後、1970年-1971年はバージニア州ノーフォークバージニア・スクワイアーズと名前を変えた。その後、チームは1975年-1976年シーズン終了後に解散した。

1962年にもABLにオークランド・オークスという名前のバスケットボールチームが参加していた。

1971年、サンフランシスコ・ウォリアーズがオークランドに移転、ゴールデンステート・ウォリアーズと改称した。同チームは1975年NBAファイナルで優勝した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Oakland Oaks”. remembertheaba.com. 2014年7月22日閲覧。
  2. ^ Historical Moments”. sportsecyclopedia.com. 2014年7月22日閲覧。