ショーン・マリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・マリオン
Shawn Marion
クリーブランド・キャバリアーズ  No.31
Shawn Marion Mavs.jpg
名前
本名 Shawn Dwayne Marion
愛称 ザ・マトリックス
ラテン文字 Shawn Marion
基本情報
誕生日 1978年5月7日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ウォキーガン
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 103.4kg (228 lb)
選手情報
ポジション SF/PF
背番号 31
ドラフト 1999年 9位
選手経歴
1999-2008
2008-2009
2009
2009-2014
2014-
フェニックス・サンズ
マイアミ・ヒート
トロント・ラプターズ
ダラス・マーベリックス
クリーブランド・キャバリアーズ
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
オリンピック
2004 アテネ バスケットボール

ショーン・ドウェイン・マリオンShawn Dwayne Marion, 1978年5月7日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州ウォキーガン出身のバスケットボール選手。NBAクリーブランド・キャバリアーズに所属している。人間離れした身体能力を持つことから、「マトリックス」の異名を持つ(右足に縦書きで「魔鳥樟」とタトゥーも入れている)。ポジションはフォワード。身長201cm、体重104kg。

経歴[編集]

インディアナ州の短大を終えた後、ネバダ大学ラスベガス校に編入した。そこで1年プレイしたのち1999年のNBAドラフトにおいてフェニックス・サンズから9位指名を受けた。ルーキーイヤーの1999-00シーズンは平均得点を2桁に乗せ、オールルーキーセカンドチームに選出された。

ショーン・マリオン フェニックス・サンズ1999-2008年

7シーズンのNBAキャリアで5回プレーオフに進出。中でも、2004-05シーズンはリーグトップの62勝(チーム記録1位タイ)をマーク。ダラス・マーベリックスから移籍したリーグ屈指のポイントガードであるスティーブ・ナッシュや、怪我から復帰したインサイドの中心アマレ・スタウダマイアーなどと共にリーグを席巻した。

本来スモールフォワードのマリオンが、パワーフォワードとしてプレイすることによって、リーグ最高のランアンドガンオフェンスを展開した。

2005-06シーズンは、ジョー・ジョンソンらの移籍やスタウダマイヤーの長期離脱などで苦戦が予想されたが、マリオンは得点・リバウンド・FG%でキャリアハイをマークする活躍で、チームを西地区決勝まで導いた。翌2006-07シーズンにはスタウダマイヤーが復活し、サンズは61勝21敗と高い勝率でレギュラーシーズンを終えたが、プレイオフではカンファレンスセミファイナルでサンアントニオ・スパーズの前に敗退した。

シーズンオフに入ると、マリオンは自身がチーム内においてナッシュやスタウダマイヤーに次ぐ3番手選手という扱いに不満を漏らすようになった。チームもマリオンのトレードを模索するようになり、そして2007-08シーズン途中の2月に、シャキール・オニールとの交換でマーカス・バンクスらと共にマイアミ・ヒートに移籍することになった[1]

その後移籍したダラス・マーベリックスでは主力の一角として定着。2010-2011シーズンを制覇し、自身初のチャンピオンリングを獲得した。

2014-2015シーズンは、クリーブランド・キャバリアーズに移籍し、このシーズン後に引退することを表明した[2]

オールスター戦にはこれまで3度出場。2004年には米国代表選手としてアテネオリンピックに出場、銅メダルを獲得した。

プレースタイル[編集]

スピードと跳躍力に優れ、NBAではごく平均的体格ながらあたりにも強いタフネスを誇る。この身体能力を生かし、インサイドへ走りこむ、或いは飛びこんでいくプレーでダンクやリバウンドを量産している。特に通算で1試合平均10本を超えているリバウンドは身長201cm・体重103kgの選手としては驚異的である。また、アウトサイドシュートも確率が高く、レジー・ミラーの大ファンであったことから3ポイントシュートも上手い(背番号もミラーとおなじ31)。ただしシュートフォームが非常に独特であり、トレーナーからシュートフォームの改善指導を受けたが、成功率が下がってしまい結局今のシュートフォームを貫いている。

ディフェンダーとしても優秀で、スティールブロックショットの部門でも毎年上位にランクインしている。2003年のマイケル・ジョーダン最後のオールスター戦では、試合終盤にジョーダンのマークマンとして起用された。

人気やメディアの扱いはイマイチだが、コーチ推薦によるオールスター出場3回、3度のナショナルチーム選出と専門家による評価は非常に高く、上記でも分かるとおり、リーグ屈指の実力者であることは間違いない。

受賞歴[編集]

  • オールルーキーセカンドチーム:2000
  • オールNBAサードチーム:2005, 2006
  • オールスター出場:2003, 2005, 2006, 2007

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]