デービッド・ベンワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デービッド・ベンワー
David Benoit
名前
本名 デービッド・ベンワー
ラテン文字 David Benoit
英語 David Benoit
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1968年5月9日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国ルイジアナ州ラファイエット
身長 203cm
体重 103kg
選手情報
ポジション スモールフォワード
ドラフト 1991年 ドラフト外
経歴
1990-1991
1991-1996
1997-1998
1998
1998-1999
2000-2001
2001-2002
2002-2004
2004-2005
2005-2006
CBマラガ CBマラガ
ユタ・ジャズ
ニュージャージー・ネッツ
オーランド・マジック
マッカビ・テルアビブ マッカビ・テルアビブ
ユタ・ジャズ
上海シャークス
日立
ユタ・スノウベアーズ
埼玉ブロンコス
監督歴
2006-2009
2009-2010
埼玉ブロンコス
京都ハンナリーズ

デービッド・ベンワーDavid Benoit, 1968年5月9日 - )は、アメリカ合衆国のプロバスケットボール選手・指導者。ルイジアナ州ラファイエット出身。ポジションはフォワード。203cm、102kg。bjリーグ初年度の選手で唯一のNBA経験者である。尚、登録名は「デヴィッド」ではなく「デービッド」。

経歴[編集]

アラバマ大学卒業後、1990年のNBAドラフトでは指名されず1990-91シーズンはスペインでプレーした。

1991年8月にNBAのユタ・ジャズと契約し1995-96シーズンまで、カール・マローンジョン・ストックトンらを支える先発スモールフォワードとしてプレイした後、ニュージャージー・ネッツオーランド・マジックに在籍した。1998-99シーズンはイスラエルマッカビ・テルアビブに所属し、2000-01シーズンには古巣ジャズに復帰した。

2002年は、中国リーグ上海シャークス姚明らとともに優勝に貢献した後、2003年に来日し、JBLスーパーリーグ日立サンロッカーズに入団した。

2005年、bjリーグの埼玉ブロンコスに加入。しかし12月18日新潟アルビレックス戦でのアキレス腱断裂により選手登録を外れ、ヘッドコーチ代行となった。シーズン終了後、契約更改し戦列復帰した。

2007年に現役引退。2007-2008シーズンから埼玉ブロンコスヘッドコーチを務める。bjリーグにおいて元選手のヘッド就任は史上初で、NBA経験者ではジョワン・オールドハム(元大分)、ジョー・ブライアント(東京)に次いで3人目となる。2009年契約満了に伴い退任。

同年、新規参入の京都ハンナリーズのヘッドコーチに就任。

外部リンク[編集]