ヨナス・イェレブコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨナス・イェレブコ
Jonas Jerebko
デトロイト・ピストンズ  No.33
JonasJerebko.jpg
名前
本名 ヨナス・イェレブコ
ラテン文字 Jonas Jerebko
スウェーデン語 Jonas Jerebko
基本情報
スウェーデンの旗 スウェーデン
誕生日 1987年3月2日(27歳)
出身地 ヴェストラ・イェータランド県ボロース
身長 204cm
体重 105kg
選手情報
ポジション パワーフォワード
背番号 33
ドラフト 2009年 39位
代表歴
キャップ スウェーデンの旗 2006-2008
経歴
2004-2006
2006-2007
2007-2009
2009-現在
ボロース・バスケット
Plannja・バスケット Plannja・バスケット
パッラカネストロ・ビエッラ パッラカネストロ・ビエッラ
デトロイト・ピストンズ デトロイト・ピストンズ

ヨナス・イェレブコJonas Jerebko1987年3月2日 - )は、スウェーデンのプロバスケットボール選手NBAデトロイト・ピストンズに所属。ヴェストラ・イェータランド県ボロース出身。ポジションはパワーフォワード。204cm、105kg。スウェーデン人として初のNBAプレイヤーである。

来歴[編集]

父親は、ロシア系アメリカ人で、シラキューズ大学でプレーした後、スウェーデンのプロリーグでプレーした。父親の出身地にあるニューヨーク州立大学バッファロー校へ進学したが、中退し、スウェーデンのバスケットボールチームと契約した。1シーズンプレーした後、スウェーデンリーグのトップチームに加入し、そのシーズンもチームは優勝した。シーズン終了後、セリエAパッラカネストロ・ビエッラに移籍した。2008年のNBAドラフトへのエントリーを表明したが、後に撤回し、もう1年イタリアで経験を積むことを選んだ。彼の大学時代のコーチで、ESPNのアナリストとなった、Fran Fraschillaは、イェレプコを2009年のNBAドラフトにおけるヨーロッパ出身の優れた5人の選手の1人であると語った[1]

ドラフトでは2巡で、デトロイト・ピストンズに指名された。彼はスウェーデン出身選手として、アメリカ人でスウェーデン生まれのマイルズ・サイモンに次いでNBAドラフト史上2人目に指名された選手となった。スウェーデンにゆかりのある選手としては、他に母親がスウェーデン人のジョアキム・ノアや、スウェーデンの市民権を持っているマチェイ・ランペダミール・マルコータがいる。同年8月、ピストンズと2年契約を結んだ。プレシーズンゲームで、ベテランのジャマール・マグロアと乱闘を起こし、1試合の出場停止処分を受けた[2]

2010年10月5日のマイアミ・ヒートとのプレシーズンゲームで右のアキレス腱を断裂する重傷を負い[3]、シーズンを棒に振った。

2011年12月9日、ピストンズと4年1800万ドルで再契約を果たした[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NBA draft: Top 5 European prospects”. ESPN (2009年5月20日). 2013年7月1日閲覧。
  2. ^ Magloire, Jerebko suspended for fight”. ESPN (2009年10月8日). 2013年7月1日閲覧。
  3. ^ ピストンズ痛手! 2選手が重症で長期離脱”. WOWOW (2010年10月7日). 2013年7月1日閲覧。
  4. ^ Pistons Re-Sign Forward Jonas Jerebko”. nba.com (2011年12月12日). 2013年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]