ジェームス・ハーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・ハーデン
James Harden
ヒューストン・ロケッツ  No.13
James Harden.jpg
名前
本名 James Craig Hegi Harden
ラテン文字 James Harden
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1989年8月26日(24歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
身長 196cm
体重 99kg
選手情報
ポジション SG
背番号 13
ドラフト 2009年 3位
経歴
2009-2012
2012-
オクラホマシティ・サンダー
ヒューストン・ロケッツ

ジェームス・ハーデンJames Harden, 1989年8月26日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバスケットボール選手。NBAヒューストン・ロケッツに所属している。アリゾナ州立大学中退。ポジションはシューティングガード

学生時代[編集]

高校はカリフォルニア州レイクウッドのアルティシア高校に進学。3年生のシーズンには18.8得点7.7リバウンドまで成績を伸ばし、同校を33勝1敗の戦績と州タイトルに導いた。高校最後のシーズンも18.8得点7.9リバウンドと成績を維持し、2年連続の州タイトルを獲得。ハーデン自身はマクドナルドのオールアメリカンに選ばれている。

ハーデンは高校でプレイする傍らでアマチュア・アスレチック・ユニオンのチーム、『Pump-N-Run Elite』でもプレイしており、2006年のラスベガスアディダス・スーパー64チャンピオンシップでは、準々決勝で33得点、準決勝で34得点を稼ぎ出し、決勝でケビン・ラブ擁する『南カリフォルニア・オールスターズ』を破り、優勝を果たした。同チームにはマイケル・ビーズリーらも所属した。

アリゾナ州立大学[編集]

大学でのプレイ。シュートを打っている選手がハーデン。

大学はアリゾナ州立大学に進学。1年目の2007-08シーズンからチームのエースとして活躍し、17.8得点5.3リバウンドの成績を残してパシフィック・テン・カンファレンスの1stチーム、全米バスケットボールコーチ協会、全米バスケットボール記者協会の1stチームに選ばれた。ハーデンが加入する以前のアリゾナ州立大はカンファレンス9位の成績だったが、このシーズンはハーデンの活躍で5位まで浮上している。NCAAトーナメント進出は逃したものの、ナショナル・インビテーション・トーナメント(NCAAトーナメントと並ぶ全米規模のトーナメント。NCAAトーナメントに出場できなかった大学から出場校が選抜される)には選抜され、3回戦まで進出した。

2年目の2008-09シーズンには20.6得点5.6リバウンド4.2アシスト1.7スティールを記録してカンファレンス史上5人目となる得点王とスティール王の二冠を達成し、カンファレンスの年間最優秀選手とAP通信選出のオールアメリカンに選ばれた。出場を果たしたNCAAトーナメントでは2回戦まで進出している。

ハーデンはアリゾナ州立大のスター選手となり、キャンパスでは「Die Harden Fan」とプリントされたTシャツが出回った。またメジャースポーツ誌の『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙を飾ったことでも話題となった。

NBAキャリア[編集]

オクラホマシティ・サンダー[編集]

アリゾナ州立大では2年間だけプレイし、2009年のNBAドラフトにアーリーエントリー。オクラホマシティ・サンダーから全体3位指名を受けてNBA入りを果たした。サンダーは前年2008年のNBAドラフト後に前身のシアトル・スーパーソニックスから現在のチーム名と本拠地に変更しており、ハーデンはサンダー史上初のドラフト指名者となった。

プレドラフトキャンプ時のデータ
ウイングスパン 垂直跳 コート3/4(約21m)走 ベンチプレス(84kg)
210cm 80.1cm 3.13秒 17回
2009-10シーズン

3位指名を受けてNBA入りをし多くの期待を受けたが、ベンチからの出場が多く9.9得点3.2リバウンド1.8アシストと3位指名としては物足りない数字となったが、チームは5年振りにシーズン6割を達成し、プレーオフ進出を決めた。またオールルーキー2ndチームに選ばれた。

2010-11シーズン

2年目のシーズンも82試合中77試合ベンチからの出場だったがシックスマン賞の候補に選ばれるほど成長し、12.2得点3.1リバウンド2.1アシストと成績を上昇させ、チームも21世紀に入って最高となる55勝27敗で地区優勝を果たした。プレーオフでも暴走気味でゲームメイクを放棄したウェストブルックに変わって途中出場からゲームを落ち着かせ、またシーズンから得点をアップさせ、順調に勝ち進み15年ぶりカンファレンスファイナルに進出したチームにとって重要な役割を果たした。

2011-12シーズン

2011-12シーズンはロックアウトにより短縮されたレギュラーシーズンの62試合のうち先発出場はわずか2試合であったが、1試合平均出場時間は31.4分、平均得点は16.8点の活躍を見せNBAシックスマン賞を受賞した。2012年4月22日のロサンゼルス・レイカーズ戦、メッタ・ワールド・ピースに頭部を肘打ちされ脳しんとうを起こし、残りのレギュラーシーズンを欠場した。その後プレーオフで復帰し、レイカーズ、サンアントニオ・スパーズを相手に終盤の競ったゲーム展開の中得点を重ね、チームのオクラホマ移転後初となるNBAファイナル進出に大きく貢献した。しかしNBAファイナルでは不調に陥り、マイアミ・ヒートの前に敗れ去った。

契約延長でMAX契約を望むハーデン側とサンダーとの溝が埋まらず、期限ギリギリでヒューストン・ロケッツにトレードされた。

プレイスタイル[編集]

攻守にほぼ弱点の無いレフティーのオールラウンダー。ポジションはSGだが状況に応じてPGやSFまでこなすことができる。オフェンスでは様々な引き出しを持ち、ピックアンドロールを使いオフェンスを組み立てるのを好む。ドライブから引き付けてのパスや独特のリズムでのレイアップに持ち込んで得点するスラッシャーとしての一面もあれば、守りにくいとされる左利きで外角からの正確なジャンパーを放つシューターとしての一面もあり、PGとしてゲームメイクすることもできる。また、ファールをもらう技術に長けておりFTの成功率も高いため安定した得点を稼ぐことができる。一方でディフェンスも決して悪くなく、粘り強い守備には一定の評価を得ている。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

レギュラー・シーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2009-10シーズン オクラホマシティ・サンダー 76 0 22.9 .403 .375 .808 3.2 1.8 1.0 .3 9.9
2010-11シーズン オクラホマシティ・サンダー 82 5 26.7 .436 .349 .843 3.1 2.1 1.1 .3 12.2
2011-12シーズン オクラホマシティ・サンダー 62 2 31.4 .491 .390 .846 4.1 3.7 1.0 .2 16.8
キャリア通算 220 7 26.7 .444 .370 .835 3.4 2.5 1.1 .3 12.7

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2010 オクラホマシティ・サンダー 6 0 20.0 .387 .375 .842 2.5 1.8 1.0 .2 7.7
2011 オクラホマシティ・サンダー 17 0 31.6 .475 .303 .825 5.4 3.6 1.2 .8 13.0
2012 オクラホマシティ・サンダー 20 0 31.5 .435 .410 .857 5.1 3.4 1.6 .1 16.3
キャリア通算 43 0 29.9 .445 .359 .844 4.8 3.3 1.4 .4 13.8

外部リンク[編集]