アンソニー・カーター (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・カーター
Anthony Carter
Anthony Carter cropped.jpg
名前
本名 Anthony Bernard Carter
ラテン文字 Anthony Carter
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1975年6月16日(39歳)
出身地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
身長 185cm
体重 86.2kg
選手情報
ポジション PG
背番号 25
ドラフト ドラフト外
経歴
1999-2003
2003-2004
2004-2006
2006-2011
2011
2011-2012
マイアミ・ヒート
サンアントニオ・スパーズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
デンバー・ナゲッツ
ニューヨーク・ニックス
トロント・ラプターズ

アンソニー・カーターAnthony Bernard Carter1975年6月16日 - )はアメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身の元バスケットボール選手。ポジションはポイントガード

略歴[編集]

高校を1年次に退学したが、サドルバック・コミュニティ・カレッジを経てハワイ大学に進学、1試合あたりアシスト数で大学記録を塗り替えるとともに史上10人目の1000ポイントも達成した[1]

したのち1998年のNBAドラフトにエントリーしたが指名を受けることができず、CBAヤカマ・サンキングスで1シーズンを過ごした後、マイアミ・ヒートと契約した。

2003年、エージェントの契約手続き上のミスにより、ヒートから放出されサンアントニオ・スパーズに移籍する(このエージェントは後に解雇された)。しかし、スパーズでは僅か5試合に出場した後にロスターから外され、その年はそれ以降出場機会を与えられることはなかった。

2004年からはミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したが、活躍の場を与えられることもなく2007年4月12日にデンバー・ナゲッツにトレードされ、シーズン終了後にナゲッツからも放出された。翌シーズンはイタリアリーグで迎えることとなったが、8月29日に所属チームから放出され、2日後に再びナゲッツと契約した。

2007年12月20日のヒューストン・ロケッツ戦で、残り0.8秒で試合を決めるレイアップを沈めチームを112-111の逆転勝利に導くと、次第に出場時間を増やしてゆき、チームの信頼を得るようになる。結局その年は、出場時間に恵まれたこともあり、得点を始めととするほとんど全ての成績で過去最高を記録し、特にポイントガードながら1シーズンで28ブロックを記録した守備力は高く評価されるようになった。

2008年7月1日、フリーエージェントとなったがすぐにナゲッツとの再契約を結んだ[2]2008-09シーズンは78試合に出場し、1試合平均22.9分に出場し5.3得点、4.7アシストを記録し、2009年8月14日、ナゲッツと1年130万ドルで再契約を果たした[3]。2009-10シーズンは54試合に出場、1試合あたり15.9分の出場で平均3.3得点、3.0アシストを記録、チームのノースウェストディビジョン2年連続制覇に貢献し[4]、2010年7月14日にナゲッツと1年130万ドル(リーグ最低年俸)で再契約を結んでいる[5][6]

2011年2月22日、カーメロ・アンソニーチャウンシー・ビラップスシェルデン・ウィリアムスレナルド・バークマンと共に、大型トレードに伴い、ニューヨーク・ニックスへ移籍。

プレースタイル[編集]

ディフェンス[7]、パス、リーダーシップに優れていると評価されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Basketball Star Provides Second Chances”. ハワイ大学 (2004年5月). 2010年11月10日閲覧。
  2. ^ Nuggets Re-Sign Carter”. nba.com (2008年7月10日). 2010年11月10日閲覧。
  3. ^ a b Nuggets Re-sign Point Guard Anthony Carter”. everyjoe.com (2009年8月14日). 2010年11月10日閲覧。
  4. ^ Nuggets re-sign Carter, sign free-agent Williams”. nba.com (2010年7月15日). 2010年11月10日閲覧。
  5. ^ Nuggets re-sign Carter, pick up Shelden Williams”. デンバー・ポスト (2010年7月15日). 2010年11月10日閲覧。
  6. ^ Nuggets re-sign Carter and add ex-Celtic Williams”. ロイター (2010年7月15日). 2010年11月10日閲覧。
  7. ^ Minnesota Timberwolves Re-Sign Free-Agent Guard Anthony Carter”. nba.com (2005年9月9日). 2010年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]