アメリカン・エアラインズ・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・エアラインズ・センター
"The Hangar
AAC"
アメリカン・エアラインズ・センター
施設情報
所在地 2500 Victory Avenue
Dallas, Texas 75201
開場 2001年7月17日
所有者 ダラス市[1]
運用者 Center Operating Company, L.P.
(a joint venture between the Dallas Mavericks and Dallas Stars)[2]
グラウンド (屋内施設)
建設費 1億9,500万ドル
設計者 David M. Schwarz/Architectural Services, Inc.
HKS, Inc.[3]
Johnson/McKibben Architects, Inc.
プロジェクトマネージャ Austin Commercial Inc.[4]
サービスエンジニア Flack & Kurtz Inc.[5]
総合建設者 H.J. Russell & Company[6]
使用チーム、大会
ダラス・スターズNHL)(2001年 - 現在)
ダラス・マーベリックスNBA)(2001年 - 現在)
ダラス・デスペラードス(AHL)(2002年、2004年 - 現在)
収容能力
19,200人(バスケットボール
18,532人(アイスホッケー

アメリカン・エアラインズ・センターAmerican Airlines Center)は、テキサス州ダラス近郊に位置する屋内競技施設。主にアイスホッケーバスケットボールコンサートに使用される。愛称は「The Hangar」(建物の形状が航空機の格納庫に似ていることによる)、「AAC」。プロスポーツチームの本拠地として使用されている。

概要[編集]

1998年まで、NHLダラス・スターズNBAダラス・マーベリックスがそれまで使用していたリユニオン・アリーナに代わる新しい競技施設を探していたことに始まる。建設計画が持ち上がったとき、費用超過分は前述の2チームと、ダラス市によるホテル税やレンタカー税の制定によって補われることになった。1999年3月18日に航空会社アメリカン・エアラインズが1億9,500万ドルで新アリーナの命名権を取得したことが発表された[7][8]。開場式は2001年7月21日に開催され、初のイベントは、その翌日に行われたイーグルスのコンサートである。また、初のスポーツイベントは8月19日の、ワールド・インドア・サッカーリーグのダラス・サイドキックスの試合だった。

備考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
先代:
リユニオン・アリーナ
ダラス・マーベリックス/スターズの本拠地
2001 – present
次代:
current