ブライアント・リーヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライアント・リーヴスBryant Reeves, 1973年6月8日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州フォートスミス出身の元プロバスケットボール選手。身長213cm、体重125kg。ポジションはセンター1995年のNBAドラフトで、オクラホマ州立大学からバンクーバー・グリズリーズに1巡目6位で指名された。ニックネームはBig Country(大きな田舎者)。プロキャリアの全てをグリズリーズで過ごした。

大学時代[編集]

強豪だったオクラホマ州立大学のエースセンターとして活躍し、1試合平均21.5得点を記録。チームを1995年ファイナル・フォーまで導いた。

NBA[編集]

ルーキーシーズンから中心選手としての地位を築き、2年目にはボストン・セルティックス相手に自己最高の41得点をマーク。その年にグリズリーズと7年もの大型契約を結ぶ。しかし1997-1998シーズン以降、体重管理と数々の怪我に苦しみ出場機会を失っていく。チームではスターターは確保していたものの、出場時間とフィールドゴール成功率は減少の一途を辿っていった。

2001年にグリズリーズがメンフィスに移転した後に、以前から患っていた背中の怪我が悪化。負傷者リストに載ったままシーズン開幕を迎え、以降試合に出場することは無かった。結局リーヴスがメンフィス・グリズリーズの選手としてプレーしたのは、プレシーズンマッチの2試合のみだった。そして2001-2002シーズンの中盤に引退を表明した。

外部リンク[編集]