ディック・バン・アースデール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・バン・アースデール
Dick Van Arsdale
フェニックス・サンズ SVP
名前
本名 Richard Albert Van Arsdale
愛称 "original Sun"
ラテン文字 Dick Van Arsdale
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1943年2月22日
出身地 インディアナ州インディアナポリス
身長 198cm
体重 95kg
選手情報
ポジション スモールフォワード
背番号 5 #永久欠番
ドラフト 1965年 2巡目全体10位
経歴
1962-1965
1965-1968
1969-1977
インディアナ大学
ニューヨーク・ニックス
フェニックス・サンズ

ディック・バン・アースデールDick Van Arsdale, 1943年2月22日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。インディアナ州インディアナポリス出身。1968年に誕生したフェニックス・サンズのオリジナルメンバーであり、ファンからは"original Sun"と呼ばれ、親しまれた。彼の背番号『5』はサンズの永久欠番となっている。一卵性双生児の兄、トム・バン・アースデールも元NBA選手である。

経歴[編集]

ディック・バン・アースデールことリチャード・アルバート・バン・アースデールは、高校、大学と兄のトムと共にプレイし、インディアナポリス・マニュアル高校時代は1961年の州トーナメント決勝まで導き、優れたバスケットボール選手に贈られるトレスター賞をトムと共同受賞した。インディアナ大学卒業後、1965年のNBAドラフトで全体10位指名を受けてニューヨーク・ニックスに入団。兄のトムもデトロイト・ピストンズから11位指名を受けており、一卵性双生児が初めて同時に指名を受けた例として話題となった。

ニックスではルーキーイヤーからローテーション入りを果たし、12.3得点4.8リバウンドを記録。トムと共にオールルーキー1stチームに選ばれた。2年目には先発に昇格し、15.1得点7.0リバウンドまで数字を伸ばしたが、3年目にはカジー・ラッセルとの出場時間争いに負けてしまい、11.0得点まで成績が落ち、このシーズン終了後に誕生したフェニックス・サンズエクスパンション・ドラフトに掛けられることになった。

フェニックス・サンズ[編集]

サンズに入団したディックはここでオールスター選手へと成長する。入団1年目の1968-69シーズンには前季を大幅に上回る21.0得点6.9リバウンド4.8アシストを記録。ディックはサンズ最初の公式戦で最初の得点を決め、ゲイル・グッドリッチと共にサンズ初のオールスター選手となったことから、ファンから"original Sun"の称号を与えられた。

ディックはその後も3シーズン連続でアベレージ20得点以上を達成し、コニー・ホーキンズらと共にチームの中心選手としてチームを牽引。1970-71シーズンにはキャリアハイとなる21.9得点を記録し、また1973-74シーズンにはオールディフェンシブ2ndチームに選出されている。サンズもディックらの活躍で創部2年目には早くもプレーオフに進出し、1971-72シーズンには49勝33敗まで勝率を伸ばした。しかし好成績を残しながらもプレーオフは1969-70シーズンに進出した1回切りで、その後はプレーオフを逃し続け、ディックらにとっては我慢のシーズンが続いた。

49勝を記録した1971-72シーズンを最後に成績が停滞していたサンズは、世代交代を推し進め、1975-76シーズンには、オリジナルメンバーはディックただ一人が残るのみとなり、サンズの最初期をディックと共に支えたホーキンズらはすでにチームを去っていた。1975年には新たにポール・ウェストファルアルヴァン・アダムスを獲得。チームの主役はディックからこの若い2人に譲られた。

1975-76シーズンのサンズは6シーズンぶりにプレーオフに進出。レギュラーシーズンの成績は42勝40敗と平凡な数字に終わっていたが、プレーオフでは粘り強い戦いでシアトル・スーパーソニックスゴールデンステート・ウォリアーズを破り、NBAファイナル進出を果たした。ボストン・セルティックスとのシリーズは史上稀に見る熱戦となり、特にトリプル・オーバータイムまでもつれた第5戦はファイナル史上最高の試合として名高い。サンズはレギュラーシーズンの成績で遥かに上回るセルティックス相手に奮闘を見せたが、惜しくも優勝はならなかった。

ディックは1976-77シーズンを最後に現役から引退した。NBA通算成績は12シーズン921試合の出場で、15,079得点3,807リバウンド、平均17.1得点4.3リバウンドだった。

引退後はサンズのゼネラルマネージャーとなり、またその後もサンズのフロント職を歴任。現在は球団シニア・バイス・プレジデントに就いている。1987年には短期的だがヘッドコーチとしてチームを率いた。

なお、同じ年にNBA入りを果たしたトムもディックと同じ時期に移籍を経験し、同じ時期にキャリアの全盛期を迎え、同じ回数オールスターに出場し、そして1976-77シーズンには弟の居るサンズに移籍。ラストシーズンを兄弟同じチームで過ごし、そして同じ年に現役から引退した。

主な業績[編集]

  • オールスター出場:1969年-1971年
  • オールルーキー1stチーム:1965年
  • オールディフェンシブ2ndチーム:1974年
  • 背番号『5』はフェニックス・サンズの永久欠番

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・マクリード
フェニックス・サンズ ヘッドコーチ
1987
次代:
ジョン・ウェッツェル