カッティノ・モブリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッティノ・モブリー
Cuttino Mobley
名前
本名 Cuttino Rashawn Mobley
愛称 キャット
ラテン文字 Cuttino Mobley
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1975年9月1日(38歳)
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
身長 193cm
体重 98kg
選手情報
ポジション シューティングガード
ドラフト 1998年 2巡41位
経歴
1998-2004
2004-2005
2005
2005-2008
(2008-2010)
ヒューストン・ロケッツ
オーランド・マジック
サクラメント・キングス
ロサンゼルス・クリッパーズ
ニューヨーク・ニックス

カッティノ・モブリーCuttino Rashawn Mobley, 1975年9月1日 - )はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。のバスケットボール選手。NBAヒューストン・ロケッツ等に所属していた。ポジションはシューティングガード。ニックネームは「キャット」(Cat)。NFL選手のジョン・モブリーとは従兄弟同士である。

経歴[編集]

ロードアイランド大学を卒業し、1998年のNBAドラフトで全体の41位指名をヒューストン・ロケッツから受けNBA入りした。1年目は出場49試合中37試合でポイントガードとして先発したが、ゲームコントロールはベテランのスコッティ・ピッペンが行い、外角シューターとしての役割が強かった。平均9.9得点、2.5アシストの成績でオールルーキー2NDチームに選ばれた。

1999-2000シーズンは、新人のスティーブ・フランシスシャンドン・アンダーソンの加入があり、ベンチから出場する機会が多かったが、平均出場時間は30.8分に増え、得点は15.8点を記録した。その後は、フランシスと高い得点力を誇るバックコートを形成、チームを牽引した。2001-02シーズンは、自己最高の21.7得点を記録した。

2004年6月、トレーシー・マグレディらとの交換で、フランシスと共にオーランド・マジックに移籍する。2004-05シーズンはマジックで23試合に出場した後、シーズン途中となる2005年の1月に、ダグ・クリスティと交換でサクラメント・キングスへ移籍した[1]。キングスでも先発出場しチームに貢献した。

2005-06シーズン前にFAとなったモブリーは7月にロサンゼルス・クリッパーズと5年間の契約を結んだ[2]。クリッパーズ1年目は、得点源であったコーリー・マゲッティを怪我で欠いたシーズン途中の12月-2月に平均17.4得点を記録し、マゲッティ不在を感じさせない働きを見せた。チームは久しぶりにプレイオフに進出し、自身も初めて1回戦を突破した。その後もクリッパーズの主力として活躍した。

突然の引退[編集]

2008年11月21日、ザック・ランドルフらのトレードでティム・トーマスと共にニューヨーク・ニックスの移籍が決まった。しかし、移籍前に行われる身体検査で、モブリーが深刻な心臓病を患っていることが発見された。それでもニックスは、サラリーキャップの整理が第一の目的であったので、このトレードを行った。そして、12月8日に現役引退を発表した[3](ただし、サラリーキャップの関係で2010年4月までニックスのロスターに入っていた[4])。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Magic, Kings swap Mobley, Christie”. insidehoops.com (2005年1月10日). 2012年3月23日閲覧。
  2. ^ Cat's in the bag: Mobley headed to Clippers”. USAトゥデイ (2005年7月14日). 2012年3月23日閲覧。
  3. ^ Mobley to announce retirement on Thursday”. ESPN (2010年12月10日). 2012年3月23日閲覧。
  4. ^ Mobley off Knicks' books”. ESPN (2010年4月5日). 2012年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]