ドワイト・デービス (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドワイト・デービス
Dwight Davis
名前
ラテン文字 Dwight Davis
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1949年10月28日(64歳)
出身地 テキサス州ヒューストン
身長 203cm
体重 100kg
選手情報
ポジション パワーフォワード
ドラフト 1972年1巡3位
経歴
1972-1975
1975-1977
クリーブランド・キャバリアーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ

ドワイト・デービス(Dwight Davis 1949年10月28日- )はテキサス州ヒューストン出身のバスケットボール選手。ニックネームはダブルD[1]

経歴[編集]

高校時代、テキサス州のベストアスリートに選ばれた彼には多くの大学からオファーが殺到したが[1]、1968年1月にヒューストン大学への入学を決意、その年練習でエルヴィン・ヘイズを相手に守備練習を行った。大学2年次には平均21得点、11リバウンドをあげてチームは25勝5敗の成績をあげて、NCAAトーナメントでスウィート16まで進出した。3年次にはチームトップの平均20.3得点、12.3リバウンドをあげた。またヒューストン大学の選手として初めてシーズン100ブロックショットを果たしている。4年次には平均24.4得点、シーズン106ブロックショットをあげて、チームはこの年20勝7敗で全米ランキングベスト10に入り、自身もオールアメリカンのサードチームに選出された[2]

1972年のNBAドラフト1巡目全体3位でクリーブランド・キャバリアーズに指名されて入団、1972-73シーズンのNBAオールルーキーチームに選ばれた。1973-74シーズンには自己ベストの平均12.5得点をあげた。1975-76シーズンからはゴールデンステート・ウォリアーズでプレーした。怪我のため5シーズンで現役を引退した[1]。通算340試合に出場し、1試合平均8.6得点、5.9リバウンドをあげた。

現役引退後は薬物やアルコール依存症に苦しみ、うつ病離婚も経験した。その後、彼は悪い状況を克服しニューハンプシャー州で若者たちにメッセージを送り続けている[1]

2006年11月にヒューストン大学の殿堂入りを果たした[3]。彼は現在もリバウンド、ブロックショット、得点で大学歴代10傑の数字を残している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Former NBA Player Dwight Davis”. oldschooldad.org (2007年11月17日). 2011年7月9日閲覧。
  2. ^ 2006 Nominees”. ヒューストン・クーガーズ. 2011年7月9日閲覧。
  3. ^ 2006-07 HOUSTON BASKETBALL (PDF)”. ヒューストン・クーガーズ. 2011年7月9日閲覧。
  4. ^ 1975-76 Topps #11 Dwight Davis” (2010年8月13日). 2011年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]