1946-1947シーズンのBAA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1946-1947シーズン
期間 1946年11月1日-1947年4月22日
観客動員数 1,040,068人
レギュラーシーズン
勝率首位 ワシントン・キャピトルズ
得点王 ジョー・ファルクス
プレーオフ
ファイナル
優勝 フィラデルフィア・ウォリアーズ

<none

1947-48>

1946-1947シーズンのBAAは、アメリカ合衆国男子プロバスケットボールリーグBAAの最初のシーズンである。BAAとは1946年6月6日に設立された、アメリカ初の全米プロバスケットボールリーグであり、現在のNBAの前身に当たる。1946年11月1日に記念すべきBAA初の試合が行われ、1947年4月22日に初のBAAチャンピオンが決定した。

BAAの誕生[編集]

BAA設立以前にもバスケットボールリーグは存在した。1891年に、マサチューセッツ州スプリングフィールドYMCA訓練校に勤めるカナダ人体育講師、ジェームズ・ネイスミスがバスケットボールを考案して以来、バスケットは室内球技の人気種目として全米に瞬く間に普及した。世界初のプロリーグはバスケット考案から僅か7年後の1898年に設立され、National Basketball League(NBL)が誕生した。当初6チームで始まったNBLは世界大戦などの影響で何度か解散の憂き目に遭ったが、1937年に再組織された。1926年には東海岸や五大湖の都市を中心としたAmerican Basketball League(ABL)が設立される。

いずれのリーグも資金繰りが上手くいかず、常に財政難にあった。また当時バスケットと言えばカレッジバスケを指し、プロバスケは市民権を得られるまでには至らず、地方リーグとして細々と活動していた。

そして1946年6月6日にBasketball Association of America(BAA)が誕生する。第二次世界大戦が終結した翌年のことである。BAAもやはり常に財政難にあり、またカレッジバスケの人気の前に苦戦することになるが、NBLがアメリカ中西部を基盤としたのに対し、BAAはニューヨークなどの東部大都市を基盤としたことが優位に働き、後にNBLを吸収合併するなどして発展していくこととなる。

とは言え設立当初のBAAはささやかな組織に過ぎず、設立の目的もプロアイスホッケーNHLAHLの球団オーナーたちが所有するアリーナの空き時間を、埋めるためであった。初代のコミッショナーにはAHLの会長だったモーリス・ポドロフが就任した。

BAAは11都市11チーム、東と西に分かれた2デビジョン制で始まった。なお、現在も本拠地を変えることなく存続しているのはボストン・セルティックスニューヨーク・ニッカーボッカーズ(通称:ニックス)の2チームだけである。BAA、その後のNBAと続く長い歴史の最初の試合は11月1日、カナダのトロント市で、ニューヨーク・ニックス対トロント・ハスキーズのカードで行われ、68-66でニックスが勝利した。レギュラーシーズンは各チーム60試合を戦い、各デビジョンから上位3チームがプレーオフに進出する。

シーズン[編集]

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
ワシントン・キャピトルズ 49 11 .817
フィラデルフィア・ウォリアーズ 35 25 .583 14
ニューヨーク・ニックス 33 27 .550 16
プロビデンス・スチームローラーズ 28 32 .467 21
ボストン・セルティックス 22 38 .367 27
トロント・ハスキーズ 22 38 .367 27

ウェスタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
シカゴ・スタッグズ 39 22 .639
セントルイス・ボンバーズ 38 23 .623 1
クリーブランド・レベルズ 30 30 .500
デトロイト・ファルコンズ 20 40 .333 18½
ピッツバーグ・アイアンマン 15 45 .250 23½

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
得点 ジョー・ファルクス フィラデルフィア・ウォリアーズ 1,389
アシスト アーニー・カルバリー プロビデンス・スチームローラーズ 202
FG% ボブ・フィーリック ワシントン・キャピトルズ 40.1%
FT% フレッド・スコラリ ワシントン・キャピトルズ 81.1%

1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

シーズン概要[編集]

  • シーズン中の1月にゾーンディフェンスを実質禁止とする、イリーガル・ディフェンスが採用される。ゾーンディフェンスの禁止理由は当時のゾーンの技術があまりにもお粗末だったからである。イリーガル・ディフェンスの採用でBAA(NBA)はNCAA(カレッジバスケ)との差別化が計られ、選手はマンツーマンディフェンス、1on1による勝負を強いられるため、選手個人の能力が存分に引き出されるようになった。イリーガル・ディフェンスは55年後の2001年には廃止されるまで、他のバスケにはない、NBA独自の魅力を作り出していった。
  • リーグ勝率1位は後にセルティックスの黄金期を築く名将レッド・アワーバックが率いたワシントン・キャピトルズだった。
  • 得点王のジョー・ファルクスは平均23.1得点を記録し、2位のボブ・フィーリックの16.8得点と7点以上の差をつけた。
  • リーグ全体のフィールドゴール成功率は27.9%、平均得点・失点は67.8点だった。
  • テレビ放送は3試合のみ、録画したものが放送された。ラジオ放送も僅かしかなく、試合結果はローカル新聞の片隅に載せられる程度だった。

プレーオフファイナル[編集]

当時のプレーオフの組み合わせはかなり変則的であったと言える。各地区勝率1位の2チームがファイナルへの出場を争って7戦4勝制の準決勝を戦う。残りの4チームは各地区勝率2位同士と3位同士のチームが3戦2勝制で準々決勝を争い、その勝者同士がファイナルへの出場を争って同じく3戦2勝制で準決勝を戦う。ファイナルは7戦4勝制である。

各地区の勝率1位、つまり第1シードのチームは準々決勝を免除されるものの、プレーオフの初戦でいきなり第1シード同士で潰し合うというものであった。

  準々決勝 準決勝 ファイナル
                           
  E3  ニューヨーク・ニックス 2  
W3  クリーブランド・レベルズ 1  
  E3  ニックス 0  
    E2  ウォリアーズ 2  
W2  セントルイス・ボンバーズ 1
  E2  フィラデルフィア・ウォリアーズ 2  
    W1  スタッグズ 1
  E2  ウォリアーズ 4
     
   
W1  シカゴ・スタッグズ 4
    E1  ワシントン・キャピトルズ 2  
      

この奇妙な組み合わせもあり、レギュラーシーズンで突出した勝率を収めたワシントン・キャピタルズは準決勝で姿を消した。そしてプレーオフを勝ち抜き、初代BAAチャンピオンとなったのは、フィラデルフィア・ウォリアーズだった。選手のサラリー上限が5500ドルであった時代、ウォリアーズの優勝メンバーは賞金として各自2000ドルを受け取った。

外部リンク[編集]