レイモンド・フェルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイモンド・フェルトン
Raymond Felton
ダラス・マーベリックス  No.2
Raymond Felton cropped.jpg
名前
本名 Raymond Bernard Felton, Jr.
愛称 Ray
ラテン文字 Raymond Felton
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1984年6月26日(30歳)
出身地 サウスカロライナ州マリオン
身長 185cm
体重 90kg
選手情報
ポジション PG
背番号 2
ドラフト 2005年 5位
経歴
2005-2010
2010-2011
2011
2011-2012
2012-2014
2014-
シャーロット・ボブキャッツ
ニューヨーク・ニックス
デンバー・ナゲッツ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ニューヨーク・ニックス
ダラス・マーベリックス

レイモンド・フェルトンRaymond Bernard Felton, Jr. , 1984年6月26日 - )はアメリカ合衆国バスケットボール選手。サウスカロライナ州マリオン出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAダラス・マーベリックスに所属している。ポジションはポイントガード。185cm、90kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

高校時代はサウスカロライナ州ラタ高校を2度の州チャンピオンに導き、高校通算2992得点スリーポイント成功数117回という州記録を達成した。マクドナルド選出のオールアメリカンチームに選ばれたフェルトンは高校卒業後、ノースカロライナ大学(UNC)に進学。1年目となる2002-03シーズンから先発として起用され、3年目の04-05シーズンにはチームメイトのショーン・メイマーヴィン・ウィリアムスらを率いNCAAトーナメントを制覇。フェルトンはアトランティック・コースト・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。

NBA時代[編集]

2005年のNBAドラフトにエントリーしたフェルトンはシャーロット・ボブキャッツから1巡目5位指名を受けてNBA入りを果たす。この年のドラフトにはフェルトン他UNC出身選手5人がいずれも1巡目指名を受けた。創立2年目の新興チームではルーキーのフェルトンも1年目から重用され、ルーキーイヤーとなった05-06シーズンは54試合に先発出場し、11.9得点5.6アシストの成績でオールルーキーセカンドチームに選出された。

2年目の2006-07シーズンには14.0得点7.0アシストにまで成績を伸ばし、以後平均14得点7アシスト前後の安定した成績を出し続けているが、なかなかプレーオフに進出できないボブキャッツと共にやや伸び悩みが見られる。

2010年のオフ、FAを行使して2年1580万ドルでニューヨーク・ニックスに移籍する。新天地ニックスにはその年アマーレ・スタウダマイアーが加入するなどしてフェルトンも先発ポイントガードとして期待された。フェルトンは2月までの54試合で1試合平均17.1得点、9アシストと期待通りの活躍をした。しかし2月にカーメロ・アンソニー絡みのトレードの影響でダニーロ・ガリナリらと共にデンバー・ナゲッツに移籍する。

新天地ナゲッツでは、ノースカロライナ大の後輩であるタイ・ローソンに先発ポイントガードの座を譲った結果、ナゲッツでの21試合は平均11.5得点、6.5アシストと成績は落ちた。それでもシーズン通しては1試合平均15.5得点、8.3アシストとフェルトンにとっては自己最高の成績となった。

2011年オフ、ルディ・フェルナンデスとのトレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍する。

2012年オフ、トレードでニューヨーク・ニックスに移籍した。

2014年7月25日、ニューヨーク・ニックスからタイソン・チャンドラーと共にサミュエル・ダレンベアホセ・カルデロン他、6選手が絡むトレードでダラス・マーベリックスに移籍した。

外部リンク[編集]