デトロイト・レッドウィングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デトロイト・レッドウィングス
Detroit Red Wings

ミシガン州デトロイト
創設1926年
所属カンファレンス
所属ディビジョン
  • アトランティック
歴代チーム名
  • デトロイト・レッドウィングス(1932年 - )
  • デトロイト・ファルコンズ(1930年 - 1932年)
  • デトロイト・クーガース(1926年 - 1930年)
本拠地
収容人員: 20,058人
チームカラー
  • 赤, 白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (10回) 1936・1937・1943・1950
1952・1954・1955・1997
1998・2002・2008
アブコワールド なし
カンファレンス優勝 (6回) 1995・1997・1998・2002
2008・2009
ディビジョン優勝 (19回) 1934・1936・1937・1988
1989・1992・1994・1995
1996・1999・2001・2002
2003・2004・2006・2007
2008・2009・2011
プレジデンツトロフィー (6回) 1995・1996・2002・2004
2006・2008
組織
オーナー: イリッチ・ホールディングス
GM: ケン・ホランド
HC: マイク・バブコック
主将: ヘンリク・ゼッターバーグ

デトロイト・レッドウィングスDetroit Red Wings)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

歴史[編集]

1926年に太平洋岸ホッケーリーグ (Pacific Coast Hockey League) がその歴史に幕を閉じると、そのリーグで最も優秀な成績を収めていたチーム、1925年スタンレー・カップ覇者のヴィクトリア・クーガースがNHLへの参加を認められた。自動車の街デトロイトには当時アイスホッケーのアリーナがなかったために、ヴィクトリアからデトロイトと改名したクーガースは、参加初年度をオンタリオ州ウインザーでプレーする。そして、1927 - 1928 シーズン中に、新たに落成されたアリーナ、デトロイト・オリンピアに移転する(この後1979年12月15日までクーガースのホームアリーナ)。

クーガースは、チーム得点王のカーソン・クーパー(Carson Cooper)の活躍で1929年にプレーオフ初参加を果す。そして、トロント・メープルリーフスとの2連戦で2対7で負け越した。

1930年、クーガースはファルコンズと名称変更するが、リーグでの成績は最下位あたりをさまよい、チームの憂いは続く。

1932年ジェームス・ノリスのチーム買収に伴って、チーム名が再び改称されデトロイト・レッドウィングスとなる。この名称となって初年度に、NHLのプレーオフでチーム初の勝利を飾る(対戦相手は、モントリオール・マルーンズ。その後このチームは消滅)このシリーズでは準決勝でニューヨーク・レンジャースに敗退する。

1934年 47試合21ゴールのジョン・ソレル(John Sorrell) 、チーム得点王のラリー・オーリー(Larry Aurie)らの活躍でスタンレーカップに初参戦、決勝でシカゴ・ブラックホークスと対戦するが、実力に勝るシカゴはデトロイトを第4戦で退ける。

1936年レッドウィングスは、トロント・メープルリーフスをストレートで下し、初のスタンレー・カップ優勝を達成する。このときのメンバーには、チーム得点王のマーティ・バリー (Marty Barry) 、リーグ屈指のディフェンス、エビー・グッドフェロー (Ebbie Goodfellow) らがおり、ベンチの中からコーチのジャック・アダムス(Jack Adams、NHLの年間最優秀コーチ賞にその名を止める)が指揮をとった。引き続く1937年もレンジャース相手に全勝(5勝)し、スタンレー・カップを連続獲得する。

その翌期は不調にあえいで最下位の成績で終える。陣容を再編成し臨んだ1939年にはプレーオフに再参加し、1940年初頭にはスタンレー・カップ決勝に3年連続で進出を決めることになる。1941年には、ボストン・ブルーインズにあしらわれ、1942年には、トロント・メープルリーフスに決勝で3試合のリードをひっくり返されるありさまであったが、1943年にはシド・ハウ(Syd Howe)、Mud Bruneteau がそれぞれ20ゴールを決め、ブルーインズを破ってチーム3度目のスタンレー・カップ優勝を果した。1940年代の残りの年も、強豪としてプレーオフには毎年参加し、決勝に3度進出した。

1946年レッドウィングスにNHL史上でも最高選手の一人に数えられる者が加入する。サスカチュワン州フローラル出身の右ウイング、ゴーディ・ハウ(愛称は、ミスター・ホッケー)である。彼は加入年度は7ゴール22ポイントしか獲得できず、その後数年も鳴かず飛ばずであった。翌年、ハウはシッド・エイベルテッド・リンジーと組んで当時リーグでも指折りのライン(俗にプロダクションラインと呼ばれた)を形成した。リンジーの33ゴールの活躍で、スタンレー・カップ決勝に参加するもこの年はメープルリーフスに完敗する。翌年もカップ決勝に進出するが、メープルリーフスにまたしても敗北する。

レッドウィングスは1950年のスタンレー・カップ決勝対レンジャース戦で、ピート・ババンド(Pete Babando)の第7試合再延長戦のゴールにより再び優勝カップを獲得する。1951年は準決勝でカナディアンズに敗れるが、翌1952年はハウ、エイベル、リンジーのトリオに2年目ゴーリーのテリー・ソーチャックが加わり、5度目のカップ優勝を成し遂げる。1953年には左ウイングのエイベルがレッドウィングスからシカゴへ移籍し、彼の代役はアレックス・デルベッキオ (Alex Delvecchio) が務めた。

ところで1952年のプレーオフからレッドウィングスの伝統である「蛸投げ (octopus throw) 」が始まった。これは、とある地元の魚屋の主人がスタンドからリンクへ一匹のを投げ込んだことに由来する。この主人は、レッドウイングスがスタンレー・カップ優勝するためにはあと8勝(2試合に勝利)が必要であったことから、蛸の足の数に気持ちを託したと伝えられる。チームはこの年対戦相手を連破し、優勝した。また、1952年にはオーナーのジェームス・ノリスがこの世を去り、娘のマーガレットがレッドウイングスの会長兼理事に就任する。

1953年のプレーオフではボストン・ブルーインズにどんでん返しをくうが、1954年1955年とスタンレー・カップ2連覇を達成する(2試合とも対戦相手はカナディアンズ。)。1955年のオフシーズンには、オーナーのマーガレットは母親の命により、チーム経営権を弟のブルースに移譲する。1956年もカップ決勝はデトロイト対モントリオールのカードとなるが、今度はモントリオールが雪辱を果した(なおモントリオールはこの期も含めこの後5連覇を達成する)

1957年は、30ゴールとリーグトップのアシストを決めたテッド・リンジーが 、NHLの選手組合 (NHL Players Association) の創立に参画する。他選手は自らの契約について吹っかけるようなことをしなかったが、ブルーインズにプレーオフ第1ラウンドで敗れる。また1959年には、21年間ぶりとなるプレーオフ不参加に終わった。

この後数年のうちレッドウィングスは、チームの若返りを図って1961年から1966年の6年間に4度のカップ決勝進出を果す。しかし、ハウ、デルヴェッキオ、ノーム・ウルマン (Norm Ullman) 、パーカー・マクドナルド (Parker MacDonald) ら有力フォワードや 堅実なゴーリーのソーチャック 、ロジャー・クロザー(Roger Crozier)をもってしても優勝はならなかった。

1960年代終わりから、チームは低迷が続きおよそ20年余りに渡って抜け出せないような泥沼状態に入る。1967年から1983年まで、チームはプレーオフ参加は、たった2度、しかもそのうち1度しか勝利がない。

1972年には突如立ち上げが決まったWHA(ワールドホッケーアソシエーション)にハウが参加する。1970年代を通じてミッキー・レドモンド(Mickey Redmond)はシーズン50ゴールを獲得し、マーセル・ディオンはその選手生命の盛りを迎えようとしていたが(もっとも、彼の最盛期は、ロサンゼルス・キングス移籍後ともいわれる。)、ディフェンス力と有力ゴーリー不足に常に泣かされることとなる。

1979 - 1980 シーズン中に、レッドウィングスは本拠地をデトロイト・オリンピアからジョー・ルイス・アリーナに移転させる。1982年には、オーナーのブルース・ノリスがチーム経営権をマイク・イリッチ(Mike Ilitch:リトル・シーザーズピザ(Little Caesar's Pizza) の創業者) に譲渡し、50年間に渡る家族経営はここに幕を閉じる。

1983年、レッドウィングスは、ドラフトでセンターのスティーブ・アイザーマンブリティッシュコロンビア州クランブルック出身)を獲得する。アイザーマンはルーキーイヤーから攻撃面で活躍をみせ、チーム復活の原動力となる。この年、ジョン・オグロドニック(John Ogrodnick)は42得点、Ron Duguay もシーズン30ゴールを上げ、6年ぶりのプレーオフ進出を決めた。

1987年になると、攻撃陣にはアイザーマンに ペトル・クリーマ(Petr Klima) 、アダム・オーツ、Gerard Gallant を加え、守備では Darren Veitch 、新コーチにジャック・ディメア(Jacques Demers)が就任すると、当時の常勝軍団オイラーズに第5戦で敗れはしたものの、久しぶりにカップ準決勝に進出を果した。翌1988年にも同様の活躍をみせ、準決勝まで勝ち上がった。

1989年、アイザーマンは自己ベストのシーズン65ゴールを上げたが、チームは第1ラウンドでシカゴ・ブラックホークスに敗れる波乱があった。翌1990年はアイザーマンの62ゴールも実らず、チームはプレーオフ不参加に終わった。この後コーチのディメアは解任され、それからチームはプレーオフ進出を逃すことがなくなった。またアイザーマンに、 セルゲイ・フェドロフ(旧ソビエト連邦からの亡命者)、エンフォーサーの キース・プリモー(Keith Primeau) が加わり、1990年代のおなじみの顔ぶれが揃った。

1992年、チームはレイ・シェパード (この2期後に52ゴール) とトップディフェンスのポール・コフィを獲得した。また、ほぼ同時期には スラバ・コズロフ(Slava Kozlov) 、ダレン・マカーティ(Darren McCarty) 、ウラジミール・コンスタンティノフ、ニクラス・リドストロム(Nicklas Lidstrom) をドラフトで引き当てている。1993年には、NHL史上最多勝利数を誇るスコティ・ボウマンがコーチに就任。その2期目に 1994年 - 1995年 シーズンのストライキでシーズンは短縮されるが、ボウマンは29年ぶりにスタンレー・カップ決勝にチームを導く(ニュージャージー・デビルスの優勝)。

この後も、チームにはスター選手加入が続き、ドラフトでは旧ソ連のスーパースターディフェンスマン・スラバ・フェチソフ (Slava Fetisov)また、トレードではイゴール・ラリオノフ(Igor Larionov)を獲得する。1996年には第3ラウンドでコロラド・アバランチに敗北を喫するが、このシーズン中に獲得したブレンダン・シャナハンラリー・マーフィらの活躍で、翌1997年にはフィラデルフィア・フライヤーズをストレートで下し、スタンレー・カップ優勝を飾った。これは、実に1955年以来の快挙であった(当時、カップ優勝から次の優勝までの期間の最長記録)。しかし、この後チームに悲劇が襲う。ウラジミール・コンスタンティノフが自動車事故で脳損傷を負い、突然引退を余儀なくされたのである。

1997年 - 1998年 シーズン、チームは、コンスタンティノフに捧げようと奮戦し、ワシントン・キャピタルズを破ってカップ2連破を達成する。その試合にはコンスタンティノフも車椅子で観戦に訪れた。

このころになると、レッドウィングスはコロラド・アバランチとの熾烈なライバル関係に突入する。1997年には、チームは第3ラウンドでアバランチを破るが、1990年2000年は、アバランチが第2ラウンドでレッドウィングスを下し、この2チームの対決は屈指の激戦が展開される。試合になると、コロラドのゴーリー、パトリック・ロワと デトロイトのゴーリー、マイク・バーノン(Mike Vernon)の間では激しい言い争いが起こる。

2001年、レギュラーシーズンをリーグ2位で終えたデトロイトは、ロサンゼルス・キングスにまさかのプレーオフ第1ラウンド敗北を喫する。このオフシーズンにはフリーエージェントでゴーリーのドミニク・ハシェックと右ウイングのブレット・ハルを獲得し、2002年スタンレー・カップ優勝を遂げる。このときは下馬評どおりレギュラーシーズンのリーグ最高記録を塗り替え、第5戦でシンデレラ・チームのカロライナ・ハリケーンズを下した。なお、このシーズン終了後にスコティ・ボウマンとドミニク・ハシェック(一時的に現役引退)が退団する。

2002年、新コーチのデイブ・ルイス (Dave Lewis) とゴーリーのカーティス・ジョセフ(Curtis Joseph)が加入するが、第1ラウンドでマイティーダックス・オブ・アナハイムにまさかの4連敗を喫した。

2003年 - 2004年 シーズンには、ドミニク・ハシェックが現役復帰を遂げ、チームに加入した。これにより、デトロイトはカーティス・ジョセフ、Manny Legace に加えてバックアップにハシェックの3ゴーリー体制をとることとなる。カーティス・ジョセフは、NHL選手でも最高年俸を獲得する選手の一人であるが、時にAHLでデトロイトの傘下チームでプレーすることもあった。結局のところは、その後ハシェックは股関節を痛め引退し、カーティス・ジョセフがチームをセントラル地区優勝、そして西カンファレンス優勝へと導くことになる。また、この年のトレード期限寸前でワシントン・キャピタルズからベテランセンターのロバート・ラングを獲得した。

2004年のプレーオフ第1ラウンドでは、第6戦でナッシュビル・プレデターズを駆逐した。しかし、第2ラウンドでは キャプテン、スティーブ・アイザーマンを第5戦に目の大怪我で欠き、続く第6戦でカルガリー・フレームスに敗れ去った。 2004年のオフシーズンでは、チームはフリーエージェント市場での選手補強よりも、自己の戦力維持を目指している。Selke Trophyを受賞したクリス・ドレイパーとは4年契約を更新し、キャプテン、アイザーマンとは単年度の契約をしている。また、ブレンダン・シャナハン、イリ・フィッシャー(Jiri Fischer)、ジェイソン・ウィリアムス、マシュー・ダンデルノー(Mathieu Dandenault) らの選手とともに 余り芳しい成績を残してはいないデイブ・ルイスとも契約更新を行った。その一方で、ベテランフォワードの ブレット・ハルは、フェニックス・コヨーテズに移籍を決め、フォワードの ボイド・デベロー (Boyd Devereaux) らとともにチームを去った。

2005-06年、2006-07年ともにプレーオフでは思うように勝ちあがれなかったが、2007-08年は実に6年ぶりとなるスタンリーカップ・ファイナルに進み、みごと4勝2敗でペンギンスを下した。ヘンリク・ゼッターバーグ (Henrik Zetterberg)がレギュラーシーズンでは自己最高となる43ゴール、プレーオフでは27得点をあげ、プレーオフMVPに選出された。

2008-09年、会長賞はサンノゼ・シャークスに譲ったものの、再びスタンリーカップ・ファイナルに進出し、2年連続でペンギンスとの対戦となった。しかし、今回は3勝4敗で敗れ去り、準優勝に終わった。しかし、ヴィリー・レイノ (Ville Leino)やジョナサン・エリクソン (Jonathan Eriksson)などの若手の成長は、これからも黄金期が続くことを想像させた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]