ミネソタ・ワイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミネソタ・ワイルド
Minnesota Wild

ミネソタ州セントポール
創設2000年
所属カンファレンス
所属ディビジョン
歴代チーム名
  • ミネソタ・ワイルド(2000 - )
本拠地
収容人員: 17,954人
チームカラー
  • フォレストグリーン、アイアンレンジレッド、ハーベストゴールド、小麦色、白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 なし
アブコワールド なし
カンファレンス優勝 なし
ディビジョン優勝 (1回) 2008
プレジデンツトロフィー なし
組織
オーナー: ミネソタ・スポーツ・アンド・エンタテイメント
GM: チャック・フレッチャー
HC: マイク・ヨー
主将: ミッコ・コイブ

ミネソタ・ワイルドMinnesota Wild)はアメリカ合衆国ミネソタ州セントポールを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

歴史[編集]

エクセル・エナジー・センター

2000年ドラフト第1巡目(全体第3位)でマリアン・ガボリック (Marian Gaborik) を指名。

2003年ワイルドはプレーオフに初出場すると、西部カンファランス決勝戦でマイティーダックス・オブ・アナハイムの前に4連敗で敗退するまで快進撃を続けた。第1ラウンドでは前評判の高かった第3シードのコロラド・アバランチを1勝3敗の窮地から挽回し連勝(第6、7試合はともに延長戦に突入)している。この勝利はアンドリュー・ブルネット (Andrew Brunette) の活躍に負うところ大であった。カンファランス準決勝では、第4シードのバンクーバー・カナックスを4勝3敗で下したのであるが、この勝利もまた3敗からの大逆転であった。

2006年ロサンゼルス・キングスから、リーグを代表するスーパースター、パボル・デミトラ(Pavol Demitra)を獲得。ちなみに見返りは若手・パトリック・オーサリバン(Patrick O'Sullivan)と2007年のドラフト1巡目指名権。

2006-2007シーズン 新加入・デミトラの活躍もあり、2003年以降遠ざかっていたプレーオフに久々の進出。1回戦の相手は、2003年に4タテを喰らったアナハイム・ダックスで、世論的にもダックスの勝利、という予想が多かったが、それを覆すことはできなかった。

2007-2008シーズン マリアン・ガボリックが健康でフルシーズンを過ごし(ガボリックが75試合以上に出場するのは実に5年ぶり)、42ゴール41アシストとチームを引っ張り、2年連続のプレーオフ進出。1回戦の相手はアバランチであったが、彼らを破ることはできなかった。

2008-2009シーズン デミトラ、ブライアン・ロールストン(Brian Rolston)が抜け、戦力的に痛手を食らったワイルドは、最終戦までプレーオフ進出の可能性を残していたが、カンファレンス9位に終わった。

2009年 怪我に泣くことが多かった(年間平均欠場数は約20試合)ガボリックがFAでニューヨーク・レンジャースへ移籍、チーム発足時以来所属している選手は皆無になった。開幕後、ミッコー・コイブー (Mikko Koivu)がチーム史上初の「常時キャプテン(これまではローテーション制だった)」に任命された。

シーズン別成績[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
2000-01 82 25 39 13 5 168 210 68 ノースウエスト5位 不参加
2001-02 82 26 35 12 9 195 238 73 ノースウエスト5位 不参加
2002-03 82 42 29 10 1 198 178 95 ノースウエスト3位 カンファランス決勝敗退
2003-04 82 30 29 20 3 188 183 83 ノースウエスト5位 不参加
2005-06 82 38 36 - 8 231 215 84 ノースウエスト5位 不参加
2006-07 82 48 26 - 8 235 191 104 ノースウエスト2位 カンファランス準々決勝敗退
2007-08 82 44 28 - 10 223 218 98 ノースウエスト1位 カンファランス準々決勝敗退
2008-09 82 40 33 - 9 219 200 89 ノースウエスト3位 不参加
2009-10 82 38 36 - 8 219 246 84 ノースウエスト4位 不参加
2010-11 82 39 35 - 8 206 233 86 ノースウエスト3位 不参加

スタンレーカップ戦績[編集]

優勝[編集]

準優勝[編集]

外部リンク[編集]