Portal:アイスホッケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


メインページ   カテゴリーとトピック   プロジェクト
編集  

アイスホッケーのポータル

ウィキプロジェクト アイスホッケーの公式ロゴ

アイスホッケーは、天然または人工氷のスケートリンク上で、スケート靴を履いて行う団体スポーツ競技である。陸上で行われるホッケーの形式を氷上に持ち込んだものである。2チームが長方形(楕円形)をしたリンクの中で、スティック (Ice hockey stick(長い柄の先端部分に角度をつけ湾曲させた杖状の用具)を用いて硬質ゴムでできた扁平な円柱状の パックを打ち合い、相手方のゴール (Goal (ice hockey)に入れることでその得点を競うゲームである。『氷上の格闘技』とも呼ばれている。漢字を当てて氷球と表記される。

スケートを用いるため、グラウンド上の同種競技と比べ格段に早いスピードが出てゲームをスリリングなものにするが、接触等による危険が高いため全身に防具を装着してプレーを行うことが義務づけられている。

アイスホッケーが盛んな国として、世界ではカナダアメリカ合衆国ロシアスウェーデンフィンランドチェコスロバキア1993年以前、前2国はチェコスロバキア)、ベラルーシラトビアスイスなどを挙げることができる。冬季オリンピックなどでこの競技を統括する国際アイスホッケー連盟(IIHF)の加盟国(または地域)は、64カ国に及ぶ(国際アイスホッケー連盟の2005年現在調)。

編集  

特集記事

オリンピックアイスホッケー競技

近代オリンピックにおけるアイスホッケー競技は、男子は1920年アントワープ夏季大会で採用され、1924年シャモニー大会より冬季オリンピックの種目となっている。女子は1998年長野大会で採用された。

1980年のレークプラシッドオリンピックで、ハーブ・ブルックスヘッドコーチに率るアメリカソ連を4-3で破った試合は氷上の奇跡と呼ばれた。男子日本代表は過去8回出場しており、最高は1960年のスコーバレーオリンピックでの8位。女子は長野オリンピックから公式競技となり日本は開催国枠で出場した。 (続きを読む...)

特集記事の一覧
編集  

特集画像