アトランタ・スラッシャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトランタ・スラッシャーズ

ジョージア州アトランタ
創設:{{{創設年度}}}
所属カンファレンス
  • {{{カンファレンス}}}
所属ディビジョン
  • {{{ディビジョン}}}
歴代チーム名
  • {{{チーム名の遍歴}}}
本拠地
収容人員: {{{キャパ}}}
チームカラー
  • ライトブルー、紺、赤、金、白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 {{{SC}}} {{{スタンレーカップ}}}
アブコワールド {{{avco}}} {{{アブコワールドトロフィー優勝}}}
カンファレンス優勝 {{{CON}}} {{{カンファレンス優勝}}}
ディビジョン優勝 {{{DV}}} {{{ディビジョン優勝}}}
プレジデンツトロフィー {{{PT}}} {{{プレジデンツトロフィー}}}
組織
オーナー: {{{オーナー}}}
GM: {{{ゼネラルマネージャー}}}
HC: {{{ヘッドコーチ}}}
主将: {{{キャプテン}}}

アトランタ・スラッシャーズAtlanta Thrashers)はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタを本拠としていた北米プロアイスホッケーリーグ (National Hockey League 略 NHL)チームである。チーム名とロゴはジョージア州の州鳥チャイロツグミモドキ(brown thrasher) に由来する。

2011年5月、アトランタ・スラッシャーズはカナダの企業に所有権が譲渡され、マニトバ州ウィニペグに本拠地を移動しチーム名をウィニペグ・ジェッツに改名することが正式に発表された。

歴史[編集]

アトランタ・スラッシャーズは1997年アトランタ・フレームスの代替チーム(フレームスは1980年カルガリーに移転しカルガリー・フレームスとなった)として、NHLのフランチャイズ権を獲得した。新生スラッシャーズは、1999年のドラフトにおいて第1巡目の1位指名でパトリック・ステファン (Patrik Stefan) を得る。設立後初試合は、1999年10月2日ニュージャージー・デビルス戦で1対4で敗北に終わった。

2003年9月オーナーのタイム・ワーナー社は、同じアリーナを使用するNBAアトランタ・ホークスとともに、チームを幹部グループへと売却した。同月には、スターFWであったダニー・ヒートリー (Dany Heatley) が愛車フェラーリを運転中の自損事故により重傷を負い、同乗のセンター、ダン・スナイダー (Dan Snyder) は帰らぬ人となった。スラッシャーズは2003-2004シーズン中、スナイダーの追悼に身をささげ、彼の纏った37番の入った黒い喪章を付けて試合に臨んだ。

また、ヒートリーは2004年から2005年のNHLロックアウトの後、オタワ・セネターズにトレードされた。この見返りとしてチームが獲得したのが2006-2007年に100ポイントを上げ、プレーオフ進出に貢献したマリアン・ホッサ(Marian Hossa)と、堅実な守備が売りのグレッグ・デ・ヴリース(Greg de Vrie)である。

2007年度に念願のプレーオフ進出を果たしたスラッシャーズであるが、第1ラウンドで、ニューヨーク・レンジャースに、4連敗のスウィープを食らった。その後はプレーオフ争いどころかNHLの底辺をさまようことが多くなっている。

しかし、その恩恵で獲得したザック・ボゴシャン(Zach Bogosian)やエヴァンダー・ケーン(Evander Kane)などの有望株がそろい、チームは再びのプレーオフ進出を狙っている。

2011年5月にカナダの企業「トゥルー・ノース(True North Sports and Entertainment)社」に所有権が譲渡された。マニトバ州ウィニペグに本拠地を移動しチーム名をウィニペグ・ジェッツに改名することが発表され、同年6月にNHLから正式に承認された[1]

シーズン別の成績[編集]

試合 OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1999-00 82 14 57 7 4 170 313 39 南東5位 進出せず
2000-01 82 23 45 12 2 211 289 60 南東4位 進出せず
2001-02 82 19 47 11 5 187 288 54 南東5位 進出せず
2002-03 82 31 39 7 5 226 284 74 南東3位 進出せず
2003-04 82 33 37 8 4 214 243 78 南東2位 進出せず
2005-06 82 41 33 3 5 281 275 90 南東3位 進出せず
2006-07 82 43 28 7 4 246 245 97 南東1位 第1ラウンド敗退
2007-08 82 34 40 2 6 216 272 76 南東4位 進出せず
2008-09 82 35 41 - 6 257 280 76 南東4位 進出せず
2009-10 82 35 34 - 13 234 256 83 南東2位 進出せず
2010-11 82 34 36 - 12 223 269 80 南東4位 進出せず

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nhl.com/ice/news.htm?id=566567&navid=mod-rr-headlines

外部リンク[編集]