マヤ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヤ人
Comandante Ramonaリゴベルタ・メンチュウ
アルマンド・マンサネーロ
Fransisco Luna Kan
総人口

推定 700万人 [1]

居住地域
エルサルバドル, メキシコ, グアテマラ, ベリーズ, ホンジュラス
言語
マヤ語, スペイン語, クレオール語英語版, 英語
宗教
キリスト教(主にカトリック, 一部はプロテスタント), マヤの宗教英語版
マヤ系の言語が使用されていた歴史上の領域

マヤ人(マヤ系先住民族)とは、メキシコ南部から中央アメリカ北部にかけての地域に居住するアメリカ州の先住民族である。ただし、"マヤ"というまとまった一つの民族として存在しているわけではなく、文化言語の一部を共有する、異なる多くの集団、社会、エスニックグループを総称したもので、それぞれは彼ら自身の伝統、文化、歴史的なアイデンティティを保持している。

この地域に居住しているマヤ人の人口は、21世紀初頭では700万人と推定されている[1]グアテマラ、メキシコ南部とユカタン半島ベリーズエルサルバドル、それにホンジュラス西部に大きな共同体が存在しており、今も古代の文化が多く継承され残っている。多数派のメスティーソのスペイン文化に大きく影響を受けつつも、そこから離れた伝統的な生活を続け、しばしば主要な言語としてマヤ語族の言語を使用する。

ユカタン半島[編集]

現代のマヤ人で最大のグループはメキシコのユカタン半島に存在する。彼らの一般的なアイデンティティは彼ら自身を単純に"マヤ"とするものである(西グアテマラの高地の人々とは異なり)。彼らが話す言語を人類学者は"ユカテコ語"と定義するが、話者はこの言語自体も"マヤ"と呼ぶ。マヤの話者は、一般的にスペイン語第二言語母語として用いる。

ユカタン半島のマヤ人が最初にヨーロッパ人と遭遇したのは、1511年スペイン難破船の生存者が浜辺に打ち上げられたときだった。その後は、1517年コルドバ1518年グリハルバ1519年にはコルテスによる遠征を受け、最終的に1542年、ユカタン半島のマヤ人はスペインの支配を受けることとなった。

チアパス[編集]

タバスコ[編集]

メキシコのタバスコ州には、チョンタル族英語版が居住している。

ベリーズ[編集]

ベリーズのマヤ人口は、カヨ州英語版, トレド州英語版、それにオレンジウォーク州英語版で集中しているが、それ以外の地域では散在している。彼らはユカテコケクチ英語版モパン英語版の三つに分かれている。

グアテマラ[編集]

伝統的な衣装に身を包んだグアテマラのアティトラン湖周辺の女性

グアテマラでは、西部の高地に伝統的で大きなマヤ共同体が存在している。バハ・ベラパス県キチェ県トトニカパン県ウェウェテナンゴ県ケツァルテナンゴ県、それにサン・マルコス県では、人口の大部分をマヤ人が占めており、多くのマヤ語系言語が日常的に話されている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b FRIENDS OF THE MAYA - A new organization!” (英語). 2009年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  2. ^ http://www.inforpressca.com/municipal/mapas_web/guatemala.php

参考文献[編集]

Chiappari, Christopher L. (2002). “Toward a Maya Theology of Liberation: The Reformulation of a "Traditional" Religion in the Global Context”. Journal for the Scientific Study of Religion 41 (1): 47–67. doi:10.1111/1468-5906.00099. 
Grube, Nikolai (2006). “Maya Today - From Indios Deprived of Rights to the Maya Movement”. In Nikolai Grube (Ed.). Maya: Divine Kings of the Rain Forest. Eva Eggebrecht and Matthias Seidel (assistant Eds.). Cologne: Könemann Press. pp. 417–425. ISBN 3-8331-1957-8. OCLC 71165439. 
Mooney, James,  Maya Indians”. Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company. (1913). 
Restall, Matthew (1997). The Maya World. Yucatecan Culture and Society, 1550-1850. Stanford: Stanford University Press. ISBN 9780804736589.
Riis-Hansen, Anders (1992年). “Interview with Rigoberta Menchu Tum”. Commission for the Defense of Human Rights in Central America (CODEHUCA). 2006年7月3日閲覧。
Warren, Kay B. (1998). Indigenous Movements and Their Critics: Pan-Maya Activism in Guatemala. Princeton: Princeton University Press. ISBN 978-0-691-05882-5.