サン・クリストバル・デ・ラス・カサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・クリストバル・デ・ラス・カサス
San Cristóbal de las Casas
SanChristobal.jpg
愛称 : "ホベル" "ウエイサカトラン"
座標 : 北緯16度44分12秒 西経92度38分18秒 / 北緯16.73667度 西経92.63833度 / 16.73667; -92.63833
行政
メキシコの旗 メキシコ
  チアパス州
 市 サン・クリストバル・デ・ラス・カサス
市長 マリアーノ・ディアス・オチョア
地理
面積  
  市域 484.00 km2 (186.87 mi2)
標高 2100 m (6890 ft)
人口
人口 (2005年現在)
  市域 166,460人
    人口密度   343.92人/km2(890.78人/mi2
  都市圏 142,364人
その他
等時帯 中部標準時 (UTC-6)
夏時間 中部夏時間 (UTC-5)
公式ウェブサイト : http://www.sancristobal.chiapas.gob.mx/


サン・クリストバル・デ・ラス・カサスメキシコ合衆国チアパス州都市である。 メキシコ中央平原の標高2100mに位置する。 市の名称はコンキスタドールの残虐な侵略行為に異を唱えた スペイン人カトリック教会司祭バルトロメ・デ・ラス・カサスにちなむ。 自治体の人口はトゥストラ・グティエレスタパチュラに続きチアパス州では3番目に多い。

2003年、メキシコ政府観光局により同州で初めてプエブロ・マヒコに選ばれた。

歴史[編集]

この地域には数千年前からマヤ族のツォツィルツェルタルの人々が暮らしてきたが、 1528年スペインからのコンキスタドールの侵略を受ける。 ディエゴ・デ・マザリエゴスに率いられた軍隊は道中でソケーチアパネックの人々を殺戮し、 現在の市街地がある地域を占領。 ビジャレアル・デ・チアパ・デ・ロス・エスパノーレスと名付け、チアパスの中心都市とした。

1535年3月1日、スペイン国王の命によりサン・クリスバル・デ・ロス・ジャノスと改名。

1536年7月7日、シウダ・レアル・デ・チアパと改名、市になる。

1829年7月27日、シウダ・デ・サン・クリストバルと改名。

1848年5月31日、ついに現在の名称であるサン・クリストバル・デ・ラス・カサスになる。

1934年2月13日、シウダ・ラス・カサスに変わるが、 1943年11月4日、ラファエル・パスカシオ・ガンボア博士によって現在の名称に差し戻しになった。

何度も街の名称が変更されているが、現地の人々は伝統的にホベル(Jovel)と呼び続けている。 また、数十年前まではウエイサカトラン(Hueyzacatlan)という名称も使われていた。

サパティスタ民族解放運動[編集]

1994年1月、サパティスタ民族解放軍がサン・クリストバルを含むチアパス州の4つの都市において武装蜂起した。 住人の多くはサパティスタに反対する立場であったが、貧困層は彼らに協調した。 やがてサパティスタの活動が対話路線に変換するに従って支持を増し、2006年には彼らの指導者がメキシコ全土をまわるという 政治キャンペーンがサン・クリストバルからスタートした。今では街中にサパティスタ関連のポスター人形Tシャツなどが見られ、観光資源の一つとなっている。

人口推移[編集]

1970年代にサン・クリストバル渓谷に出来たトンネルの恩恵により、慢性化していた水不足が解消され、人口増加が進んでいる。 1994年に武力衝突と政府による農村住民の強制立ち退きがあったが、現在は収束して再び人口が増えている。

観光都市[編集]

周囲にマヤ族の伝統的な集落が多く残り、世界遺産パレンケへも半日でアクセスできる位置にある。 サン・クリストバル渓谷やモスビキル遺跡なども世界中からの観光客を集める要素となっている。

市周辺の採石場

宗教[編集]

カトリック信者が多いが、プロテスタント教会もたくさんある。最近はマヤ族にもイスラム教徒が増え、 周辺の村にモスクを築いている。

自然環境[編集]

市の内外にはいくつかの湿地帯があり、この地域固有の"ポポヨテ"という魚が生息するが、河川の汚染が著しいことが問題となっている。 周辺の山々は採石が酷く進んでおり、計画性のない開発と森林への入植により、市内への洪水が懸念されている。