セム族 (民族集団)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セム族: Semites)は、セム系の言語を使用する人々の総称である[1]。西アジアや北アフリカに分布する。

言語学民族学において、「セム」語(「名」と翻訳される聖書の「シェム」〔ヘブライ語: שם‎、アラビア語では ساميّ〕に由来)という言葉は、主として中東に起源がある言語グループを指す用語であった。この語群には、アッカド語(アッシリア語とバビロニア語)、アムハラ語アムル語英語版アラビア語アラム語/シリア語カナン語群英語版/フェニキア語カルデア現代アラム語エブラ語英語版エドム語英語版ゲエズ語ヘブライ語マルタ語マンダ語英語版モアブ語ティグレ語ティグリニャ語ウガリット語などが挙げられる。

起源[編集]

「セム人」(: Semite)という言葉は、中東に起源がある古代・現代のさまざまなセム語の話手を指す。アッカド人、古代アッシリア人、バビロニア人、エブラ人、ウガリット人、カナン人、フェニキア人(カルタゴ人を含む)、ヘブライ人イスラエル人ユダヤ人サマリア人)、アラム人カルデア人、アムル人モアブ人、エドム人、ヒクソスナバタイ人シバ人マルタ人、マンダ教徒、サービア教徒シリア人、アマレク人アラブ人アッシリア人パルミラ人、ケダル人英語版などを含む。セムという名称は当初、アウグスト・ルートヴィヒ・フォン・シュレーツァー英語版ヨーハン・ゴットフリート・アイヒホルン英語版の "Repertorium", vol. VIII (ライプツィヒ、1781年)の161ページにおいて、ヘブライ語に関連する語群を指す用語として提起したものであった。アイヒホルンを通じてこの名称は一般的に使用されるようになった(アイヒホルンの "Einleitung in das Alte Testament" (Leipzig, 1787), I, p. 45 を参照せよ)。かれの "Geschichte der neuen Sprachenkunde", pt. I (ゲッチンゲン、1807年)ではすでに定着した術語となっていた。以来、セム人という用語は一般的に使用されるようになったが、セム語の話者の集団のみならず、明らかにセム人にルーツがあるとみられる人々や、歴史の中で完全にセム化したと考えられる民族集団もいくぶん広い意味でセム人に含めることもあった[2]。世界のユダヤ人口の大多数を占めるアシュケナジームは非セム系のイディッシュ語を母語としていたが、ユダヤ人として反セム主義による差別の対象となった。

形容詞 Semitic (セム語の-、セム人の-)[3]は、聖書におけるノアの三人の息子の一人であるシェム創世記 5.32、6.10、10.21)、より正確には、その名のギリシア的派生語すなわち Σημ (セーム)から来ており、人を指す名詞形が Semite すなわち「セム人」である。

セム諸語の分布

セムという名称は比較言語学において語族名に転用され、セム語族(: Semitic Language Family)という用語が生まれた。その上位にはセム・ハム語族 (Semito-Hamitic) ないしハム・セム語族 (Hamito-Semitic)、後にはアフロ・アジア語族 (Afro-Asiatic) が立てられ[4]、セム諸語(: Semitic Languages)はその下位グループとされた。今日では Semitic をセム語派と翻訳することもあるが、セム語族という呼称もいまだに用いられている[5][6](言語の親族関係における最も大きなまとまりを語族 (family) とし、その下位分類単位を語派 (branch) とする)。

「セム系」民族という概念は、古代ヘブライ文化の起源についての聖書の記述に由来している。文化と言語においてこれと近接的な関係にある人々は、一般的にその先祖であるセムの系統を引くものであると考えられた。

出典[編集]

  1. ^ セム族 とは - コトバンク
  2. ^  Semites”. Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company. (1913). , Volume XIII
  3. ^ Semitic は名詞として使用される場合は「セム語」の意味になる。
  4. ^ A Description of the Afro-Asiatic (Hamito-Semitic) Language Family 2013年6月4日閲覧
  5. ^ 三省堂『言語学大辞典』第2巻は「セム語族」と記し、『オックスフォード言語学辞典』の日本語版(2009年)は Semitic を「セム語族」と翻訳している。一方、デイヴィッド・クリスタル『言語学百科事典』の日本語版(1992年)は「セム語派」と翻訳している。
  6. ^ セム語族 とは - コトバンク