カナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カナン、あるいはカナアンヘブライ語: כנען‎ Kənā‘an クナーアン、英語:Canaan)とは、地中海ヨルダン川死海に挟まれた地域一帯の古代の地名である。聖書で「乳と蜜の流れる場所」と描写され、神がアブラハムの子孫に与えると約束した土地であることから、約束の地とも呼ばれる。現代のカナンに関する知識の多くは、1928年に再発見された都市ウガリットの発掘調査によってもたらされた。

歴史[編集]

カナンという名称の起源は不明であるが、文献への登場は紀元前3千年紀とたいへん古い。シュメール人の都市マリ紀元前18世紀の残骸で発見された文書では、政治的な共同体として明瞭に見いだされる[1]

紀元前2千年紀には古代エジプト王朝の州の名称として使われた。その領域は、地中海を西の境界とし、北は南レバノンのハマトを経由し、東はヨルダン渓谷を、そして南は死海からガザまでを含む[2]

カナンはイスラエル人到来前には民族的に多様な土地であり、「申命記」によれば、カナン人とはイスラエル人に追い払われる7つの民の1つであった[3]。また「民数記」では、カナン人は地中海沿岸付近に居住していたに過ぎないともされる[4]。この文脈における「カナン人」という用語は、まさに「フェニキア人」に符合する。

カナン人は実際にはイスラエル人と混住し通婚した。ヘブライ語はカナン人から学んだものである(イスラエル王国を参照)。

カナン人は近東の広範な地域において、商人としての評判を獲得していた。メソポタミアの都市ヌジで発見された銘板では、赤あるいは紫の染料の同義語として "Kinahnu" の用語が使われ、どうやら有名なカナン人の輸出商品を指すらしい。これもまた、「ツロの紫」で知られるフェニキア人と関連付けることが可能である。染料は大抵の場合、その出身地にちなんだ名を付けられた(シャンパンのように)。同様に、旧約聖書に時折例示されるように、「カナン人」は商人の同義語として用いられ、カナン人を熟知した者によってその容貌が示唆されたものと思われる。

言語[編集]

言語学上、カナン諸語英語版ヘブライ語フェニキア語を含み、アラム語ウガリト語と共にアフロ・アジア語族セム語派北西セム語に含まれる。アルファベット原シナイ文字)をセム語派で初めて用い、その文字体系は他のセム語派へと伝播した。学習し易いアルファベットが普及した結果、古代オリエントの国際公用語がアッカド語Akkadian cuneiform)からアラム語アラム文字)に代わり、やがてアラビア語に取って代わられた。

聖書のカナン人[編集]

カナン人とは、広義ではノアの孫カナンから生じた民を指すようである。「創世記」10章15-18節では、長男シドンヘト、エブス人、アモリ人、ギルガシ人、ヒビ人、アキル人、シニ人、アルワド人、ツェマリ人、ハマト人の11の氏族を総称して「カナン人の諸氏族」と呼んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 恐らくは都市国家間のゆるい連合であろう
  2. ^ これは、旧約聖書の「民数記」34章1-12節の記述と符合する。
  3. ^ 申命記」7章1節
  4. ^ 民数記」13:29

関連項目[編集]