エホヤキム (ユダ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エホヤキムは、ユダ王国の第18代の王である。

生涯[編集]

ヨシヤ王の第2子として生まれた。元々の名前はエルヤキムであった。エジプトの王ネコ2世がヨシヤの代わりに王にして、エホヤキムと改名させた。

異母弟ヨアハズ(エホアハズ)に代わって11年間王であった。ネコ2世は多くの貢納を要求したので、国民に重税を課した。

預言者エレミヤはエホヤキムについて厳しいことを預言し、エルサレムの門に引きずられて投げやられ、ロバが埋められるように埋められる、とも預言した。

エホヤキムの治世にエジプトの力は衰えて、バビロンが勢力を増してきた。エホヤキムは3年間バビロンのネブカドネザルに仕えて、その後に反逆した。バビロンに攻められてエルサレムは陥落し(en:Siege of Jerusalem (597 BC))、エホヤキムは捕虜になってバビロンに連行された。

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年


執筆の途中です この項目「エホヤキム (ユダ王)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。