献公 (晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

献公(けんこう、? - 紀元前651年)は、中国春秋時代の君主(在位:紀元前676年 - 紀元前651年)。詭諸武公の子。

生涯[編集]

太子として、父・武公の晋再統一戦で活躍し、後を継いでからは、謀臣で大夫士蔿の献策のもとで、宗家の晋公室の威勢を脅かし始めた分家の曲沃の領主(晋から分岐した桓叔荘伯を祖とする)を滅ぼして宗家の権威を確立させる等して、晋を隆盛させ、また、小国であった周辺諸国のなどに、道を借りて討伐した帰還の途中でこれを滅ぼして併呑し、領土を拡大させた。

しかし、晩年は愛妾・驪姫(異民族の驪戎の娘)の讒言を信じ、太子申生英語版(共太子)を殺し、公子重耳(のちの文公)、公子夷吾(のちの恵公)などを遠ざけたために、晋は大きく混乱した。これを『驪姫の乱中国語版』と呼び、これ以後晋は太子以外の公子を国外に出す伝統を守り、このため公族の力が非常に弱くなっていった。

家庭[編集]

父親:

  • 武公称(第18代晋公)

兄弟:

妃:

子女