サルダナパールの死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『サルダナパールの死』
フランス語: La Mort de Sardanapale
作者 ウジェーヌ・ドラクロワ
制作年 1827年
素材 画布油彩
寸法 392 cm × 496 cm (154 in × 195 in)
所蔵 ルーブル美術館パリ

サルダナパールの死』(: La Mort de Sardanapale)はカンバス地に描かれた油絵(392 x 496 cm )。 1827年ウジェーヌ・ドラクロワが描いた。 現在はパリルーブル美術館の所蔵である。

アッシリアサルダナパールen)の最期を描いた歴史画である。ベッドの上に裸の女性が横たわり、無表情なサルダナパールに命乞いをしている。 サルダナパールは、自身の世俗の財産が破壊されるのを眺めている。 サルダナパールは軍の敗北に際し、財産を破壊し愛を殺害するよう命じ、自身で火をつけたのである。

『サルダナパールの死』は、バイロン作の戯曲『サルダナパール』に基づいており、ロマン主義の作品に分類される。 この絵は、豊かで鮮明な、暖かい色彩により、さまざまなタッチで描かれている。

外部リンク[編集]