キオス島の虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『キオス島の虐殺』
フランス語: Scène des massacres de Scio
作者 ウジェーヌ・ドラクロワ
制作年 1824年
素材 油彩
寸法 354 cm × 419 cm (139 in × 165 in)
所蔵 ルーブル美術館パリ

キオス島の虐殺』(: Scène des massacres de Scio)は、ウジェーヌ・ドラクロワ1824年に完成した油絵(354 x 419 cm )。

概要[編集]

現在はパリルーブル美術館の所蔵である。

1822年4月11日より数ヶ月間、当時オスマントルコ統治のギリシアのキオス島にて、独立派らを鎮圧するため、トルコ軍兵士が一般住民を含めて虐殺した事件の一場面を、キャンバスにて表現したものといえる。1820年末より、ギリシア独立のための武装蜂起が始まり、1821年3月26日より、ギリシア独立戦争として一連の戦闘が開始されるが、トルコ側による鎮圧も過酷なものであった。

トルコ人兵士が騎乗より全裸のギリシア女性を陵辱している部分、死んだ母親に寄り添う幼児、それを呆然と見守るギリシア人の人たちが、ひとつのキャンバスに描かれている。

人物写真もなく、活字による報道だけであった1820年代で、絵画によるイメージという手法により、ギリシア独立について、ヨーロッパ市民の目を注ぐこととなった。

なお、この絵画も含めて、ヨーロッパ諸国によるギリシア独立支援への世論により、フランスやイギリスがギリシア独立勢力の支援に動き、1830年2月にギリシアのトルコからの完全独立が合意、1832年6月にギリシアが完全独立国として承認される。