アルジェの女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『アルジェの女たち』
フランス語: Femmes d'Alger dans leur appartement
作者 ウジェーヌ・ドラクロワ
制作年 1834年
素材 カンバス油彩
寸法 180 cm × 229 cm (71 in × 90 in)
所蔵 ルーヴル美術館パリ


アルジェの女たち』(仏語:Femmes d'Alger dans leur appartement )は、1834年、ウジェーヌ・ドラクロワによる絵画作品。カンバス油彩で描かれている。フランスパリルーヴル美術館の所蔵。

アルジェの女たち』には、アルジェリアハレム側室たちが描かれており、性的な趣がある。 また娼婦の絵によく描かれるアヘンも登場している。 19世紀には、この絵は、その性的な内容とオリエンタリズムとで知られていた。 のちの印象派にインスピレーションをもたらし[1]パブロ・ピカソは1954年、膨大なスケッチや15枚の連作を描いた[2]

脚注[編集]

  1. ^ "Women of Algiers" by Eugène Delacroix [Selected Works]
  2. ^ Picasso: Challenging the Past National Gallery p 109-114