コリンティアコス湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリンティアコス湾
コリンティアコス湾
ペロポネソス半島とコリンティアコス湾
場所 イオニア海地中海
座標 北緯38度12分 東経22度30分 / 北緯38.200度 東経22.500度 / 38.200; 22.500座標: 北緯38度12分 東経22度30分 / 北緯38.200度 東経22.500度 / 38.200; 22.500
周辺国 ギリシャ
最長 130 km (81 mi)
最大幅 32 km (20 mi)

コリンティアコス湾ギリシア語: Κορινθιακός κόλπος / Korinthiakós Kólpos)は、ギリシャ中央部にあるイオニア海がギリシャ半島(バルカン半島南部)に深く湾入したもので、ギリシャ本土(ステレア・エラダ)とペロポネソス半島を隔てている。

コリント湾: Gulf of Corinth)やコリンティア湾Corinthian Gulf)などの名称でも呼ばれる。

名称[編集]

コリンティアコス湾(コリント湾)の名は、最奥部の都市コリントに由来する。

湾口部の都市レパント(ナフパクトスのイタリア語名)から、レパント湾Gulf of Lepanto)とも呼ばれる。

地理[編集]

「コリンティアコス湾」が指し示す範囲は諸説ある。イオニア海の湾入部のうち、リオ海峡の手前(西)をパトラ湾英語版と呼び、リオ海峡より奥(東)のみをコリンティアコス湾とすることもある。

東西の長さは 130 km、幅は最も広い場所で 32 kmある。この湾はエーゲ海プレートユーラシアプレートの境界(発散型境界)にあたり、周辺では地震も活発である。

リオ海峡にはリオ=アンディリオ橋が架けられ、本土とペロポネソスを道路で結んでいる。

湾の最奥部(東南部)にコリントス地峡があり、コリントス運河によってサロニコス湾エーゲ海)と結ばれている。

外部リンク[編集]